フェラーリ、ランボ、GT-Rのレーシングカーが公道を走った! 鈴鹿市でパレードイベントが初開催!

鈴鹿市の公道をレーシングカーが走る? 初開催された「SUZUKA 10Hレーシングカーパレード」とはどんなものなのでしょうか。

公道をレーシングカーがパレード!

 三重県鈴鹿市は、2019年8月22日にモータースポーツを身近に感じることができるイベント「鈴鹿モータースポーツフェスティバル」を開催しました。

鈴鹿市の公道をパレード走行したレーシングカー
鈴鹿市の公道をパレード走行したレーシングカー

 本イベントは、翌日8月23日から25日に鈴鹿サーキットにて開催される「BHオークション SMBC 鈴鹿10時間耐久レース」に出場するレーシングカーが鈴鹿市の公道を走行する「SUZUKA10Hレーシングカーパレード」など、モータースポーツの楽しさを広めるイベントとしておこなわれました。

 パレードは、鈴鹿サーキットのモータースポーツゲートを出発し、イオンモール鈴鹿までの往復約6.6kmを走行する、官民が一体となったイベントです。

 当日は、SUZUKA 10H参戦ドライバーらが乗る35台のGT3・GT300のマシンに加え、先頭グループには、末松則子鈴鹿市長、鈴木英敬三重県知事、SROモータースポーツグループのプロジェクトマネージャー ベンジャミン・フラナソビッチ氏、GTアソシエイション代表取締役社長 坂東正明氏、株式会社モビリティランド代表取締役社長 田中薫氏らがオープンカーに同乗し、合計63台の車両がパレードを走行しました。

 沿道には、集まった1万1000名の観衆がカメラやスマートフォンで写真や動画を撮って楽しんだほか、ドライバー達によるトークショーなどもおこなわれました。

「モータースポーツ都市宣言」を掲げている鈴鹿市は、次のように話します。

「モータースポーツを通じて事故の無い安心で安全なまちづくりを、住む人にも訪れる人にも提供するとともに、地域全体でモータースポーツを通じた地域の活性化を目指します」

めちゃ近っ! ベントレーやアストンマーティンなど高級レーシングカーを画像で見る(22枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事

コメント