免許返納後どんな生活になる? クルマを運転しなくなったその後とは

近年、多発している高齢ドライバーによる事故の影響から運転免許証の自主返納が注目を浴びています。しかし、「自主返納」をするとどのようなメリット・デメリットがあるかはあまり浸透していません。実際には、運転免許を返納した後の生活は、どのようなものになるのでしょうか。

高齢者による事故により、注目される「免許返納」

 高齢者による事故などにより、注目を浴びる運転免許証の自主返納。しかし、クルマを使って生活をしている人は、免許返納後の生活に不安を覚える人も少なくありません。

 では、運転免許証を返納した後の生活とは、どのようなものなのでしょうか。

運転免許証を返納した際に発行される「運転経歴証明書」
運転免許証を返納した際に発行される「運転経歴証明書」

 2019年4月、東京都豊島区で80代の男性が運転するクルマで起きた凄惨な事故は、大きな話題となり、連日報道されました。

 近年、高齢者が運転するクルマによる重大事故が増えており、「免許返納」という言葉を耳にする機会も増えましたが、普段の生活がクルマ中心となっている場合、免許返納に抵抗がある人が多いのも事実です。
 
 免許返納後、重要となるのが「移動手段」ですが、それまで自らの運転で自由に移動できていたことが制限されるため、代替案が必要になります。

 各自治体により差があるものの、多くの自治体では免許返納後にタクシーやバスなどの公共交通機関の利用が割り引かれる制度が導入され、東京都では電動カートの購入をサポートする特典も存在。

 免許返納後に受けられるサポートは、公共交通機関の移動だけではなく、商店街やデパート、スーパーなどの食品や生活用品の割引などもあります。

 免許返納をすると、移動手段が限られるというデメリットは確かにあるものの、免許返納をすることにより特典を受けることができるというメリットも存在しているのです。

 具体的に受けられるサポートとして、東京都では「一般社団法人東京都個人タクシー協会」で乗車料金10%割引や、「三越伊勢丹」や「高島屋」でおこなわれる自宅への配送無料のほか、「巣鴨信用金庫」や「東京シティ信用金庫」では、特別な定期預金が組めるなどがあります。

 近年注目される免許返納について、警察庁広報室は次のように話します。

――警察の免許返納についての取り組みを教えてください。

 警察では、自主返納制度や自主返納された人に対する各種支援施策について広報啓発に努めています。また、自主返納された人への支援について、自治体や民間事業者に働きかけをおこない、協力いただき、バスやタクシーなどの公共交通機関の割引をはじめ、宅配サービスの割引などの支援がおこなわれています。

――近年、免許返納数が増加していますが、その要因はなんでしょうか。

 運転免許証の自主返納が増加している要因は、一概には申し上げることはできませんが、その背景には、高齢者やご家族の関心の高まりがあると考えられます。

――免許返納をすべきか悩んでいる場合、どうしたらよいでしょうか。

 各都道府県警の運転免許センターなどに運転適性相談窓口を設置し、運転に不安のある高齢者やご家族などから相談を受け付けています。

 相談窓口には、保健師や看護師の配置を進めているので、自主返納に悩んでいる人や運転に不安のある人は、運転免許センターなどにご相談ください。

高齢者は「運転に自信アリ?」 免許返納に関する意外なアンケート結果を見る(11枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. 自主返納の時期は後期高齢者研修で判断する予定。

  2. 2019/04/01自主返納1936年生平成30年間毎日数10km運転していた。今一番の不自由は買い物、昼食、見聞
    21歳で免許取得以後自転車離れ返納後乗れないやむおえず、三輪車を購入田舎にはタクシーは少なくない、
    バスは一時間2本停留所へ20ぷん、電車は駅迄3kmと非常に不便。市として特別に何もない、でも自分で選んだ事後悔などしてない。

  3. 高齢者を出汁に穴だらけの免許制度が巻き起こした不幸な事故を火消ししようとは実に愚か
    本来は高齢者の移動手段は返納に先だって設けられるのが筋だろうに
    何を焦ってんだ?長年に渡り地雷を埋め続けてきた公安委員会風情が
    高齢者云々は、あの無駄な安全協会を廃止してからの話だろ、踏み間違いもろくに検証せずに飛び出し防止装置など自動車業界の利益に繋がるような事故調査の結論だけが何でこんなに早いのだろうか?

  4. 運転に自信ある?嘘つけ!だったらMTに乗れや

  5. 自動車に代わる移動手段を、政府、自治体などが具体的に提示して後の、返納推奨にすべきであった。高齢者は全てマニュアルOKの筈だから、全員マニュアルの軽車両にすることがベターであろう。高齢者は1500㏄以上のデカい車は即刻撤廃すべきである。私は正直に言って、第一級身障者です(60歳)が(右半身不随など)軽のワンボックスを運転し、ここ5年以上違反も事故も経験しておりません。高齢者は、マニュアルの軽車両を控えめに丁重に、高速は乗らないで運転すれば、大過は生じないと思います。以上。

    • あんたが車を量る尺度は排気量なのか?
      それから高齢者と免許歴は別の話だろが
      また免許歴と運転歴と思ってる人もいるだろうが全くの見当違いだな
      日本の免許制度は運転歴を問わず免許歴だけで優良ドライバーと讃えては次の大型車などの免許の受験資格が自動的に発生するような危険極まりない制度なんだよね
      ところが長野のスキーツアーバス事故では運転歴と言うところから関係者を臭いものに蓋をするように葬ったわけだ、免許制度を改めることすらしないで制度の欠陥を高齢者という一括りで隠そうとしてるのが公安委員会と言う無用な組織なんだろ
      あんたも障害者として高齢者にMTに乗れとか恥ずかしくねーのか?

  6. 安全運転は交通法規を守ることに加え、周囲に絶えず配慮を配ることです。特に、スピードを頑なに守ることは渋滞を招きます(念のため、速度超過は違反です!)。高齢者はマニュアルの軽車両に限定すべきです。高齢者は全員マニュアル可能な筈!同じことの繰り返しですが、1500㏄以上のデカい車は運転すべきではありません。車両感覚が鈍っている筈だからです。ましてや、最新のプリウス等のハイテク車両を運転してはなりません!高齢者は、各人が免許取得した時代と現在は、車両が大きく変わっていることを自覚しないと大事故を起こしてしまうのである、という事実をしっかり認識していただきたいです。以上です。