なぜ高級セダンはベンツやBMWばかり人気? 国産セダンが敵わない理由とは

2019年上半期の国内高級セダン市場を見ると、国産モデルは人気車と不人気車で二分されている一方、輸入セダンの主要車種はおおむね人気車種となっています。なぜ、高級セダン市場では輸入車の方が売れ行きが良いのでしょうか。

ブランドイメージ以外にも訳がある? 輸入セダンが国産セダンより人気な理由

 2019年上半期(1月から6月)の販売統計を見ると、上級セダン(セダンをベースにしたワゴンを含む)で販売好調となっているのは輸入車です。上半期の登録台数を1か月平均に換算すると、メルセデス・ベンツ「Cクラス」が1876台、BMW「3シリーズ」は746台、メルセデス・ベンツ「Eクラス」は677台でした。

 一方、日本の上級セダンのなかには、トヨタ「クラウン」などの人気モデルもあるものの、なかには売れ行きが不振となっているクルマも存在します。なぜ、輸入セダンの主要モデルは安定した売れ行きとなっているのでしょうか。

メルセデス・ベンツ「C200」
メルセデス・ベンツ「C200」

 前述したクラウンは、日本の上級セダンでもっとも多く販売されており、1か月平均の登録台数は3642台です。

 次いでトヨタ「カムリ」が1954台、レクサス「ES」は1137台、そして2019年に生産を終える「マークX」は大幅に減って379台、日産「スカイライン」はマイナーチェンジ直前とはいえ145台でした。

 レクサスのES以外のセダンである「IS」「GS」「LS」や、日産「フーガ」、マツダ「マツダ6(旧アテンザ)」などの売れ行きは、さらに低いです。

 メルセデス・ベンツのCクラスとEクラス、そしてBMW3シリーズなどのセダンが堅調に売れる理由は、まず各ブランドを代表する商品であるからです。

 日本のメーカーは昔から商品ラインナップが幅広く、特定の車種にイメージが集中することはありません。従って「トヨタを買う」とは表現されず「クラウンを買う」「プリウスを選ぶ」といいます。

 一方、欧州メーカーはいまでこそSUVモデルを増やしましたが、以前はセダンが中心でした。

 SUVを急増させる2000年以前のメルセデス・ベンツのラインナップは、Cクラス、Eクラス、「Sクラス」と、スポーツカーの「SL」、オフロードSUVの「ゲレンデヴァーゲン(いまのGクラス)」程度でした。BMWも同様です。

 このセダン中心の時代が長く続いたので、メルセデス・ベンツやBMWのブランドイメージは、いまでもセダンが支えていて、売れ行きも堅調です。

 そしていまでも「ベンツを買う」「BMWを選ぶ」という表現が聞かれます。車種ではなくブランドで選ばれ、その象徴がセダンなのです。

 もちろん商品力も影響しています。以前の欧州車の特徴は、優れた走行安定性と乗り心地、長距離移動でも疲れにくいシートに集約されましたが、いまは衝突被害軽減ブレーキなどの安全装備も先進的です。

 車間距離を自動調節しながら追従走行して、ペダル操作を軽減させる運転支援機能も、幅広い車種に採用されています。

 しかもドイツ車の場合、高速道路の走行車線上で右側に方向指示機を作動させると、運転支援機能が緩やかに加速する制御もおこないます。

 走行車線から、速度の高い追い越し車線に移動するときは、加速するのが安全運転の基本になるため、運転支援機能の作動中は自動的に速度を高めるのです。

 欧州車のエンジンは、いまでは大半がターボを装着して、十分な動力性能を確保しながら燃料消費量を抑えます。セダンやワゴンでクリーンディーゼルターボを選べることも欧州車の魅力です。

ベンツをブチ抜く!301馬力の「カムリ」特別モデルを画像で見る(58枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

13件のコメント

  1. ベンツに乗ってますが、乗ると違いがわかります。ボディ剛性、サスペンションのアーム類は国産車の二回りくらい太いです。高速安定性、疲れにくさなど数値に現れない違いが大きいですね。

  2. セダンの本家が欧州と言っているが、本当はトヨタだということを忘れてはいませんか?
    初代セルシオが登場した際に、ドイツ三大メーカーが研究用にこぞって買いに来たんですから。
    高速安定性がどうとかいう人も居ますが、制限速度が100(120)キロの日本で違いを感じれる人はレーシングドライバー位でしょう。
    目隠しでもしてどっちが国産なのか輸入なのか当てるテストでもやったら面白いと思いますね。
    バブル期には車体価格と同等の関税がかかっていた時のベンツは高級車だったという思い込みが今も残っているが、cクラス位までならドイツの大衆車、カローラと同じ扱いですしね。

    • 欧州車に乗った事ありますか?
      目隠ししても分かりますよ・・・

    • Cクラスでも国産車とは比べ物にならない高速安定性の高さ
      100km/h弱で走ってるつもりが140km/h出ていて焦ったことがあります。
      その位違います。

      目隠して乗り比べたら…アブナイww

    • こいつヨーロッパ車乗ったことねぇな
      レーシングドライバーしか高速安定性はわからんだと?
      俺こないだライズに乗ったけど、あれは俺でもわかる高速安定性のなさだったわ。
      それにセルシオのこと言ってるけどさ、そんな昔の話じゃなくてこれ今の話だから。
      的外れも甚だしいんだよ
      あと俺Cクラスに乗ったことがあるが、クラウンのターボと比べるとクラウンはターボラグが酷くて耐えらんなかったもんな。
      そういう実体験してからモノ言えよな

    • 昨年中古のC200を買って、コメントを寄せている方と同じ体験をしました。
      首都高やワインディングを走るとよくわかりますが、運転が上手くなったように感じます。車が走り方を教えてくれる。
      一度乗れば分かります。

    • すごく浅い知識でびっくりした!
      そのセルシオを作る過程でどれだけドイツのメーカーを研究し尽くしたかをまず言わないと。
      高速安定性云々の話もすぐに分かるって。
      ただそれは別にトヨタが作れないわけじゃなくて、速度領域の違いやユーザーのニーズの違いを考慮した売れる作り方の部分かと。
      トヨタ車を褒めたいなら別の部分でたくさんあるでしょうに。
      ちなみにベンツもBMWも本国でも高級車ですよ。レクサスが日本で高級車なのと一緒で、、

    • 当時、田原工場380ではホワイトボディまで剥かれたSクラスや7シリーズの残骸が。。。そしてセルシオが産まれた。

    • セルシオ買って分解したら静粛性の高さと見えない部分のコストカットに驚いたとか。

    • セルシオショックって言われてる奴ですね?
      こんな「コストカットした安物で高級車を名乗っていいのか?」と驚かれたという。
      その後ベンツやBMWも見習って見えないところのコストダウンは凄いらしいですね。

  3. 目隠ししたほうが分かります。

  4. 目隠ししたほうが分かります。助手席でも。

    • 何故レクサスが売れないか?
      それは「輩っぼさ」が垣間見えるから。
      DQN御用達のハイエースにまで張り替えたLのマークが付いているでしょ?
      型落ちとなれば地面を這う様な車高短に爆音マフラーの車にもLのマーク。
      車の性能等よりもこれらのイメージが被るからじゃないのかなぁ?