令和初のお盆休み! 高速道路の渋滞は去年より減少していた?

平成から令和になって初のお盆休み。2019年の高速道路における渋滞は、2018年と比べてどうだったのでしょうか。

2018年に比べて渋滞は減少傾向に!

 NEXCO各社(東日本・中日本・西日本)と本州四国連絡高速道路株式会社は、令和元年(2019年)の8月8日から8月18日までの11日間の期間における、高速道路の交通状況を発表しました。

お盆休みの渋滞はどうだったのでしょうか。
お盆休みの渋滞はどうだったのでしょうか。

 交通量では、1日あたりの平均が2018年の4万8300台に対して、2019年は4万7600台と前年比99%でした。

 最大平均日交通量でも2018年の5万9000台に対して、2019年は5万8600台とこちらも前年比99%となっています。

 また、混雑状況では10km以上の渋滞が2018年が498回でしたが、2019年は476回と22回減少。そのうち、うち30km以上の渋滞は2018年の43回に対して2019年は40回と3回減少しました。

 今回のお盆期間中でもっとも長かった渋滞は、8月12日10時55分頃に交通集中および事故などが原因で発生した、中央道下り線の上野原IC付近で、48.5kmとなっています。

 また、2018年から2019年に掛けて各所で実施された車線増加や新東名の新区間開通(新四日市JCT-亀山西JCT)といった箇所では、渋滞緩和の傾向が見られたといいます。

渋滞箇所の特徴や対策を画像で見る

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事

コメント