日本の凍結路を想定して開発したスタッドレスタイヤ コンチネンタル「ノースコンタクトNC6」発表

コンチネンタルタイヤは、日本の凍結路面での走行を想定し、氷上性能を向上させたコンチネンタルのスタッドレスタイヤ「NorthContact NC6(ノースコンタクト・エヌシーシックス)を発表、2019年9月より順次発売します。

日本のウインター事情に合わせたコンチネンタルのスタッドレスタイヤ

 コンチネンタルタイヤは、過酷な日本の凍結路面でのより安全、安心な走行を目指して、氷上性能を向上させたコンチネンタルのスタッドレスタイヤ「NorthContact NC6(ノースコンタクトNC6)」を発表、2019年9月から順次発売します。

 サイズは15インチから22インチ、40シリーズから65シリーズまでの全39サイズで、今後もサイズ拡大を予定しています。

コンチネンタルの新スタッドレスタイヤ「ノースコンタクトNC6」
コンチネンタルの新スタッドレスタイヤ「ノースコンタクトNC6」

 コンチネンタルのノースコンタクトNC6は、日本の降雪エリアの需要とスタッドレスタイヤに求められる性能に応えるため、最重要性能でアル氷上性能に注力。従来品である「コンチバイキングコンタクト6」から、氷上性能を大きく向上させました。また燃費性能も大きく改善したスタッドレスタイヤとなります。

 コンチネンタルタイヤには、すでに2018年に日本でも発売を開始したスタッドレスタイヤ「VikingContact7(バイキングコンタクト・セブン)」があります。

 バイキングコンタクト7が、北欧やロシア、日本の多様な冬のロードコンディションでもバランスの取れた高い性能を発揮するプレミアム・スタッドレスタイヤという位置づけなのに対し、今回登場したノースコンタクトNC6は、日本と中国の冬道によく見るアイスバーンでの氷上性能を向上させたニュースタンダード・スタッドレスタイヤ、という立ち位置になります。

コンチネンタル「ノースコンタクトNC6」の技術

●「ノルディック・コンパウンド+」

 高充填率を誇るシリカベースの低温耐性に優れたゴムと、独自の柔軟剤「耐寒性ソフトジェル」を均一にミックスしたハイテク低温ソフトコンパウンドを採用。

 冬の極寒から低温環境でも優れた弾性を維持し、路面の凹凸にもしっかり密着。優れたグリップ性能とブレーキ性能を発揮します。また経年劣化しにくい特性を備え、高い安全性や燃費性能など、本来のパフォーマンスを長期間にわたって維持します。

●「ゲッコー・グラブ・パターン」

 独自の左右非対称パターンを採用。 ゲッコー(ヤモリ)の足の裏のように、 多数の溝とサイプを配置しています。

 このパターンにより、ゲッコーが容易にガラスの上を這うことができるような強力な総合グリップ力を実現。 強いブレーキ性能と登坂力を発揮して、ウインタードライビングシーンに安心感をもたらします。

●「千鳥トレッド・パターン」

 ジグザグの千鳥状に配置された溝がノイズの周波数を分散させることで、耳障りなノイズピークを抑えます。

 路面と接触した際に発生する打撃音の発生タイミングをずらし、ドライバーが不快に思う単一的で高い音のパターンノイズを聴こえづらくし、静かで快適なドライビングを実現します。

コンチネンタルの新スタッドレスタイヤ「ノースコンタクトNC6」の性能を画像で見る(6枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事

コメント