レクサス新型「RX」が新たなデザインに進化! 新型モデルはどこが変わった?

2019年8月29日にレクサス「RX」がマイナーチェンジをしました。ラグジュアリーSUVとして市場をけん引してきたRXは、これまで以上にエレガントでダイナミックなデザインに進化しました。一体どのようなモデルになるのでしょうか。

ラグジュアリーSUVのパイオニア レクサス「RX」がマイチェン

 レクサス「RX」は、1998年に登場して以来、ラグジュアリーSUVカテゴリーをけん引するモデルとして人気を博してきました。

 2019年8月29日にRXがマイナーチェンジしましたが、どのようなモデルになったのでしょうか。

レクサス「RX」(左:新型/右:従来型)
レクサス「RX」(左:新型/右:従来型)

 新型RXのデザインは、これまでのスタイルを踏襲しつつ、レクサスならではの価値を提供するべく大きく進化しています。

 フロントマスクを見てみると、レクサス車に共通する意匠である「スピンドルグリル」に、L字をモチーフにしたブロックメッシュパターンを採用。

 メッシュグリルに抑揚をつけ、中心に向けて押し出しのある立体造形とすることで、エレガントでダイナミックなデザインを実現しました。

 なお、スポーティグレードの「Fスポーツ」は、メッシュパターンのスピンドルグリルが採用されています。

 ヘッドランプはユニットの形状を従来型より小型化することで、シャープな表情を見せています。フォグランプの位置が下部に移動するとともに、新たなデザインとなって洗練さが増したようです。

 リアでは、コンビネーションランプのデザインが変更されています。上部にL字を4つ重ねたモチーフを配置し、下部はそのモチーフを反転させた造形とすることで、レクサスとしてのアイデンティティを際立たせました。また、従来型では上部がクリア、下部が赤だった部分が、新型では逆になっているのがわかります。

 また、マフラーがバンパーに組み込まれており、新型はスポーティなリアビューを実現しました。

 内装デザインの変更はありませんが、質感の高さはそのままに、ナビゲーションのタッチディスプレイ化やUSBソケットの増設、スマートフォンの収納場所を追加するなど、利便性を向上させました。

 走行性能においては、新世代のレクサスが目指す「すっきりと奥深い」乗り味を追求するために、ボディと足回りの剛性を向上させたうえで、新構造のショックアブソーバーや新しいブレーキ制御を採用。

 徹底的な改良により、リニアなステアリングフィールと思い描いたラインを正確にトレースできる高い操縦安定性を実現しました。

 また、安全性能では、世界初のブレードスキャン式AHSを搭載。光源であるLEDからの光を高速で回転するブレードミラーに照射し、ブレードミラーに反射した光がレンズを介して高速移動しながら前方を照らすという新たな機構です。

 LEDの配光を緻密に制御することで、従来のAHSより細かい遮断が可能となり、ハイビームの照射範囲を広げて、対向車や先行車を幻惑することなく歩行者や標識を認識することができるようになります。

 さらに、新世代のLexus Safety System+が採用され、安全性も向上しました。

ラグジュアリー感が増した!? レクサス新型「RX」を見比べる(52枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

最新記事

コメント