広さ求める日本の軽やミニバンの後席が危ない! 衝突安全性能向上で見えた課題とは

ホンダの軽自動車「Nシリーズ」は、安全性能が高いことが広告などでアピールされています。しかし、Nシリーズを含む多くの軽自動車には、事故の際に被害が大きくなってしまう弱点があるといいます。さらに、それはミニバンやコンパクトカーでもありえるというのですが、いったいどのような点なのでしょうか。

安全性能の高さが特徴の「Nシリーズ」にもある弱点とは

 ホンダの軽自動車「Nシリーズ」の安全性能は、先進装備によって事故が予防されているだけではなく、衝突時の衝撃吸収性能も優れています。しかし、そんなNシリーズであっても、事故の際に弱点となるポイントがあるといいます。

 さらに、それはホンダの軽自動車に限らず、ミニバンやコンパクトカーも他人事ではないのです。いったい、どういった点に注意すればよいのでしょうか。

軽自動車やミニバン、コンパクトカーにもある衝突時の弱点とは
軽自動車やミニバン、コンパクトカーにもある衝突時の弱点とは

 2019年7月18日に発表され、同年8月9日から販売が始まるホンダの軽自動車「N-WGN」と「N-WGNカスタム」は、Nシリーズの最新モデルです。

 Nシリーズといえば、スーパーハイトワゴンの「N-BOX」が2018年から2019年にわたって2年連続で“日本でもっとも売れている乗用車”になるほどの大人気。そんなN-BOXと比べるとN-WGNは少し背が低く、リアドアもスライド式ではなくヒンジドアとしています。

 Nシリーズの最新世代の特徴のひとつが、「Honda SENSING(ホンダセンシング)」と呼ぶ先進安全運転支援機能を標準装備することです。

 安全機能としては「衝突軽減ブレーキ」をはじめ、アクセルの踏み間違いによるアクシデントを防ぐ前後方向の「誤発進抑制機能」、車線からはみ出さないようにハンドル操作をアシストする「路外逸脱抑制機能」、路肩を歩く歩行者との接触を防ぐようにハンドル操作をアシストする「歩行者事故低減ステアリング」などを搭載しています。

 加えて運転をサポートする機能として、高速道路などで前を走るクルマにあわせて速度を自動的にコントロールする「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」や、車線の中央を走るようにハンドル操作をアシストする「車線維持支援システム」なども搭載。そした先進機能も人気となる理由のひとつといえるでしょう。

 じつは、新型N-WGNではそうした先進機能がN-BOXやN-VANよりも強化されました。

 たとえば、衝突軽減ブレーキは夜間歩行者認識性能をさらに向上しつつ、軽自動車としてだけでなくホンダとしてもはじめて、道路を横断する自転車を認識してブレーキをかける機能が追加されています。

 開発エンジニアによると、夜間の性能向上は「カメラの画像を処理する能力が高まったことで実現しました」とのことです。

 また、N-BOXやN-VANでは低速域になると機能がキャンセルされてしまうACCも、N-WGNでは完全停止と停止保持まで対応。つまり渋滞中でも使えるシステムへとバージョンアップされたのです。

 停止保持機能に関しては、N-WGNではN-BOXやN-VANと違って電子式のパーキングブレーキが搭載されたことが採用の大きな理由です。

 自車が停止してから3秒以内なら、前のクルマが発進すると自動的に発進。それ以上停止した場合は、ドライバーがアクセルを少し踏むことをきっかけに再発進する仕組みになっています。

 ホンダがおこなった購入者を対象とした調査によると、2015年度にはN-BOXの購入理由で17番目だった「予防安全性能」は、2018年度には2位までアップ。50%を超える人が、N-BOXを選んだ理由として予防安全性能の充実を挙げているといいます。

 予防安全技術はいうなれば「事故を起こさないための技術」ですが、事故を完全に防げるわけではありません。そこで気になってくるのが衝突時の安全性能です。軽自動車は普通車に比べて衝突時にダメージが大きくならないのか、というのも気になるところ。はたしてどうなのでしょうか。

ボディ居住部分が変形したら超危険!? 衝突実験の結果を写真で見る(21枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント