総額50億円超! ケタ違いに高額なクルマ5選

国産高級車の代名詞と言えばトヨタ「センチュリー」でしょう。しかし世界には、それらを凌ぐ超ド級の高級車が存在します。そのなかから、近年話題となった5車種をピックアップしました。

庶民には無縁ながら見てみたい超高額車の世界

 近年、クルマの価格は一時期よりも高くなった印象があります。しかし、先進安全装備の充実や、ハイブリッド、ダウンサイジングターボなどの低燃費化技術の採用を考えると、じつは安くなっているのかもしれません。

本物のセレブは普通のクルマは買わない!?
本物のセレブは普通のクルマは買わない!?

 一方で、クルマには庶民に無縁の世界があります。想像を絶するような富裕層が、人とは違う贅を尽くしたクルマに乗りたくなるのは万国共通のようです。

 そこで、特別に作られた超高額なクルマ5車種をピックアップして紹介します。

●ブガッティ「ラ・ヴォワチュール・ノワール」

もはや美術品の域に達しているブガッティ「ラ・ヴォワチュール・ノワール」
もはや美術品の域に達しているブガッティ「ラ・ヴォワチュール・ノワール」

「ヴェイロン」や「シロン」といった超弩級なスーパーカーで有名なブガッティの製作による、2019年にジュネーブモーターショーで発表された超高額なクルマが「ラ・ヴォワチュール・ノワール」です。

 同社のシロンをベースにワンオフモデルとして作られたこのクルマの価格は、日本円で約20億円(1900万ドル)と報道されています。

 フランス語で「黒いクルマ」を意味する車名が表すとおり、ハンドメイドのカーボンファイバーを用いたボディは、漆黒の仕上がりで、パワーユニットはベースとなったシロンと同じ最高出力1500馬力、最大トルク1600Nmの8リッターW型16気筒4ターボエンジンが搭載されています。

 20億円という価格を聞いてもなかなかピンときませんが、年末ジャンボ宝くじの1等賞金が7億円ということを考えると、このクルマがいかにケタ違いかがわかります。

●ロールスロイス「スウェプテイル」

ロールスロイス、究極のビスポークといわれる「スウェプテイル」
ロールスロイス、究極のビスポークといわれる「スウェプテイル」

 イギリスの高級車ブランドであるロールスロイスが、2017年にイタリアのクラシックカーイベント「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」でお披露目したクルマが「スウェプテイル」です。

 同社のフラッグシップクーペである「ファントムクーペ」をベースに製作されたこのクルマは、ワンオフモデルかつ完全オーダーメイドであり、価格は日本円で約14億円(1300万ドル)とされています。

 1920年代のロールスロイスを愛するクライアントから依頼されたというこのクルマは、ベース車の良さはそのままに、ボディパネルやインテリアデザインといった随所にオーナーの趣向が反映されており、とくにアルミ削り出しとされる「パルテノングリル」が目を見張ります。

 ロールスロイスは伝統的にこのようなオーダーメイドモデルを受注しており、そのプログラムは「ビスポーク」と呼ばれています。

 スウェプテイルほどではなくても、各モデルとも外装のカラーや内装のデザイン、材質などは、ユーザーが求めるものでオーダーできます。

●マイバッハ「エクセレロ」

コンセプトカーとして製作されたマイバッハ「エクセレロ」
コンセプトカーとして製作されたマイバッハ「エクセレロ」

 マイバッハ「エクセレロ」は、2005年にマイバッハがコンセプトカーとして発表したモデルでした。

 エクセレロはショートホイールベースのラグジュアリーセダン「57」をベースに、ドイツのタイヤメーカー「フルダ」の開発プロモーション用として1台のみが製作されました。

 車両重量2.6トンの重量級ながら最高速度は350km/hを超えるなど、モンスター級のラグジュアリークーペとして話題を呼び、流れるような特徴的なデザインは、ドイツのプフォルツハイム大学の学生チームによってデザインされました。

 エクセレロはコンセプトカーとして製作されたため、本来ならば門外不出ですが、イギリスの自動車番組「トップギア」によると、2011年にアメリカ人ラッパーのバードマンが日本円で約8億円(800万ドル)で購入したとしています。

 また、同じくアメリカ人ラッパーのJAY-Zのミュージックビデオにもエクセレロが登場しており、アメリカのポップカルチャーに少なからず影響を与えているようです。

価格もカッコよさも桁違い!これぞスーパーカーを画像で見る(29枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント