初“ビキニ”の特別モデルが登場! 開放感あふれる夏のビーチをイメージしたジープ発売

ジープ「ビキニナイト」でのシティウェイブ プロワールドツアー大会の様子
ジープ「ビキニナイト」でのシティウェイブ プロワールドツアー大会の様子

「ビキニナイト」ではアジア初の人工サーフ世界ツアー大会も開催

 そんなジープ「ビキニ・エディション」の日本発売を記念して、2019年7月16日、東京・品川区にあるスポル大井町「citywave(シティウェイブ)」にて、「ジープ・ビキニナイト」が開催されました。

 その目玉は、アジアで初めて開催される、人工サーフプールによる世界ツアー大会「citywave pro WORLD TOUR in Tokyo(シティウェイブ プロワールドツアー イン東京)」です。今年創設された世界ツアー大会の第4戦目となるこの東京大会には、国内外のトッププロサーファーが集結、賞金総額1万ユーロ(約125万円)をかけて熱戦が繰り広げられました。

 大井町にあるシティウェイブは、ドイツ発祥の人工サーフィン施設で、ヨーロッパを中心に人気のあるリバーサーフィン(川で行うサーフィン)をルーツに持ちます。海のサーフィンとは異なり、等しい条件/等しい波で競い合うのが特徴で、さらに人工プールのため、観客は選手たちのパフォーマンスを目の前で見ることができます。

 今回の大会は、日本のトッププロサーファーに加え、海外のトップリバーサーファーも招待。オープンメン/オープンウィメン/オープンマスターズの3つのカテゴリーで熱戦が繰り広げられました。持ち時間8分の間で、1回最大45秒間ライディングをおこない、そのなかでベスト2ウェーブの2本合計の得点で争われます。

 結果はオープンメン/オープンウィメン/オープンマスターズとも、ドイツから来日した海外招待選手が優勝しましたが、オープンウィメンでYuna Nomura選手、オープンマスターズでTomo Yonezawa選手が2位に入るなど日本人選手も活躍。観客から大きな歓声と拍手が起きていました。

2タイプの“ビキニ”モデルの詳細を画像でチェック!

【格安航空券・早いほどお得!】春休みの予定はもう決めた?

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント