• くるまのニュース
  • ライフ
  • トヨタ車のアルピナがついに出た! パワー感が半端ないコンプリートカー「トムスC35」に乗ってみた

トヨタ車のアルピナがついに出た! パワー感が半端ないコンプリートカー「トムスC35」に乗ってみた

日本で販売されていない3.5リッターV6エンジンを積む北米カムリをベースに、究極のBMWといわれるアルピナを目指し、トヨタ車のノウハウを知り尽くしたトムスがフルチューン。トムスが作ったトヨタ車のアルピナとはどんな仕上がりなのか、辛口自動車評論家の国沢光宏氏が「トムスC35」をレポートします。

速くて上質! 3.5リッターの「北米カムリ」がベース

 2年ほど前、トムスの代表だった館さんから「アルピナみたいなクルマを作ってみたいんですよ。出来ると思いますか?」といわれたことがありました。

 ちなみにアルピナはBMWをベースとしてボディ補強を行い、ピストンやコンロッドのバランス取りをした上パワーアップさせたエンジンを搭載する究極のBMWです。ハンドルを握る度に「素晴らしい!」と感心させられるほど。

トムスの「C35」
トムスの「C35」

 単に速いだけで無く、上質なのだった。ベースになったBMWの2倍近い車両価格も納得出来るクオリティを持っています。

 館さんはアルピナに乗って「トヨタ車をベースにこんなクルマを作ってみたい」と考えたそうです。質問に対し「館さんなら出来ると思います!」と答えておいた次第。

 そんなこんなでトムスのコンプリートカー「トムスC35」がついに出てきた。

 試乗会の案内をもらった直後、「ついにアルピナを作った?」と即座に思いました。大いに期待しながら会場へ行き、実車を見ると想像とは少し違いました。車体もエンジンも基本的にノーマルのままだというのです。

 とはいえ、開発の話を聞いていると「あらら? 館さんが話してしてくれたクルマと同じコンセプトですね」。今回のコンプリートカー、アルピナのようなクルマ作りのスタートラインかもしれません。

 長い前置きになった。車両はアメリカ仕様のカムリで、搭載されるエンジンをみたら日本じゃ販売されていない3.5リッターのV6です。当然ながら左ハンドル。アメリカ工場で生産される純輸入車だという。

 なぜアメリカ仕様の3.5リッターなのかというと、ノーマル車の素性が素晴らしかったそうな。確かにベース車両のクオリティは大切です。

トムスが手掛けたコンプリートカー「C35」の画像を見る(26枚)

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. もう少し鋭い顔、後ろ姿が欲しいかな、長年の日産からトヨタに変えてクラウンとプリウスモデリスタを購入、今年車検ですが、買いたい車が無いです😊

  2. マフラーエンドが酷い 青いのとか子供っぽいし4本出しも芸が無いね。

  3. 外観変えて、スプリング交換しただけ
    子供のおもちゃじゃねえか
    アルピナとか失礼だろ!

  4. トムスがアルピナに憧れてるって話ですか?
    会社の代表者が勝手に心の内に秘めるぶんにはいいんじゃないでしょうか。
    ですが、この程度のクルマでアルピナへのスタートラインに立ったなどとはよく言ったものです。
    そもそも、ベース車輌がなぜFFのカムリなのか?
    たとえそれがどんなに強力なエンジンで武装しようとも、何故かカムリというだけで興味が失せます。
    他にもツッコミ所がてんこ盛りで失笑。
    トムスがアルピナを目指すなどと背伸びする必要が本当にあるのかがどうしても疑問です。
    本気でそう願うなら、そろそろトムスのロゴのデザインを変えてみては如何かと。
    既存のデザインからは軽薄なイメージしか湧きません。わかりやすくいえば子供っぽいんですよ。