販売世界No.1車「カローラ」 今秋発売の新型はどこが進化? 日本は5ナンバー現行車も併売か

日本を代表するクルマとして長く親しまれているトヨタの「カローラシリーズ」。2019年7月現在では、「カローラアクシオ(セダン)」「カローラフィールダー(ワゴン)」、「カローラスポーツ」が販売されています。そのなかで、セダンとワゴンが今秋にフルモデルチェンジを予定しています。新しいカローラはどんなクルマなのでしょうか。

今秋登場のカローラセダン/ワゴンとはどんなクルマ?

 トヨタ「カローラ」が堅調に売れています。最近の新車販売台数ランキングを見ても2019年4月が5位(7335台)、5月が6位(7311台)、そして6月が5位(8437台)と上位にランクインしているのです。

 2019年1月から6月までの統計を見ても4万7836台を販売して6位のポジションを得ており、コンスタントに販売していることが理解できます。

 普通車でトップを走るプリウス(7万277台)の2/3程度の販売ボリュームがあるといえば、その人気ぶりが想像できます。そんななか次期型カローラの登場が2019年の秋に予定されていますが、どんなクルマなのでしょうか。

セダンとワゴンでフェイスデザインが異なる新型「カローラ」
セダンとワゴンでフェイスデザインが異なる新型「カローラ」

 現行型カローラの日本仕様(「アクシオ」と呼ばれるセダンとワゴンの「フィールダー」)は、前回のフルモデルチェンジが2012年5月と、すでに7年以上も販売しているロングセラーです。

 2019年の秋にはフルモデルチェンジが予定されており、トヨタの公式ウェブサイトでも海外仕様車の写真がお披露目されています。

 最大のトピックは、海外仕様のカローラと共通化されることです。カローラは、世界で幅広く販売されるグローバルモデルですが、じつは国内仕様のカローラは直近の2世代ほど「グローバルモデル」と呼ばれる海外仕様とは基本設計から異なるもので、実質的に日本だけをターゲットに開発された仕様でした(香港/マカオでも少数を販売)。

 しかし、2019年秋に販売が始まる次期モデルは海外仕様と基本設計を共通化し、再び世界基準になるのです。ボディをはじめメカニズムの設計はTNGAと呼ばれるトヨタの次世代思想を採用します。

 つまり、プリウスと血縁関係の深いモデルとなることを意味しています。もちろんハイブリッドも用意され、パッケージングの違いとしてプリウスがハッチバックで、カローラはセダン&ワゴンとして住み分けることになるのです。

 プリウスと異なるのは、ガソリンエンジンも用意されること。詳細は明らかにされていませんが、次世代カローラのバリエーションのひとつとして日本でも先行して発売されている「カローラスポーツ」に積む1.2リッターターボに加え、1.8リッター自然吸気を用意するという情報もあります。

 グローバルモデルへ統一されることによって賛否が分かれそうなのは、車体サイズが大きくなることでしょう。日本で現在販売されているカローラセダン(アクシオ)のサイズは全長4400mm×全幅1695mmのコンパクトな5ナンバーサイズです。

 一方で、海外仕様の新型カローラは全長4630mm×1780mmとひとまわり以上大きなサイズ。日本仕様はフェンダーの張り出しを抑えて前後バンパーも小型化した「海外仕様よりはやや小さな車体」となるようですが、とはいえ歴代モデル初の3ナンバーサイズになるのは確実といえます。

 ミドルサイズカーとなる新型カローラはこれまで異なり、スバル「インプレッサ」や「マツダ3」、ホンダ「シビック」などのライバルへと成長し、ワゴンに関して国産車ではガチンコライバル車が不在となるでしょう。

海外仕様で見比べる! セダンとワゴンの画像を見る(18枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

【特集】東京モーターショー2019 開幕直前!

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. >ワゴンに関して国産ガチンコライバル不在

    レヴォーグ!