人気の「N-BOX」と「スペーシア」買うならどっち? 軽自動車市場をけん引する2台を比較!

2019年上半期の新車販売台数が発表され、1位はホンダ「N-BOX」(13万1233台)、2位はスズキ「スペーシア」(8万9750台)でした。日本国内の新車販売をけん引する2台を比較します。

子育て世代やシニア世代に魅力的なパワースライドドア

 2019年7月9日に、ダイハツの新型「タント」が発売されました。タントは、2007年に登場した2代目から、助手席側に柱をドアに内蔵したピラーインドアの「ミラクルオープンドア」を採用し、好評を博しています。

 タントは、2019年上半期(1月から6月)には8万1828台を販売しましたが、この台数を上回ったのがスズキ「スペーシア」(8万9750台)、そしてホンダ「N-BOX」(13万1233台)です。

 長らく軽自動車市場で2トップに君臨するN-BOXとスペーシアにはどんな違いがあるのでしょうか。

軽自動車ジャンルで2トップのホンダ「N-BOX」とスズキ「スペーシア」
軽自動車ジャンルで2トップのホンダ「N-BOX」とスズキ「スペーシア」

 N-BOXは2017年9月、スペーシアは同年12月にフルモデルチェンジしており、現行はそれぞれ2代目モデルです。室内高1400mm以上の広い室内や、後席両側のスライドドアが人気で、2018年の上半期もこの2台が1位と2位を獲得しています。

 今回は、N-BOXの「G・L Honda SENSING(税込価格 149万9040円)」、スペーシアは「HYBRID X(税込価格 146万8800円)」と、パワースライドドア(電動式)を標準装備するグレードを比較します。

 両車は、スライドドアが人気の要因にもなっている車種ですが、スライドドアは通常の横開きのドアに比べ重いため、力のない子どもやお年寄りでは、安全に開閉することが難しいことがあります。

 パワースライドドアであれば、子どもや高齢者の負担を軽減できるだけでなく、運転席に座ったままでドアを開閉することも可能となるため、子どもを抱えて乗り降りする子育て世代や、高齢者を乗せる機会が多くある人は、装備したい機能です。

 N-BOX G・L Honda SENSINGでは、助手席側のみパワースライドドアを標準装備とし、運転席側についてはメーカーオプションで選択可能。スペーシア HYBRID Xでは、後席の両側がパワースライドドアとなり、両車ともスイッチひとつで開閉できます。

 なお、スライドドアの下に足先をかざすことで開閉できるハンズフリー機能は、N-BOXではディーラーオプションで装備可能ですが、スペーシアでは同様のオプションは用意されていません。

N-BOXとスペーシア、買う前に画像で比較してみない?(19枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事

コメント