トヨタ「ポルテ」「スペイド」改良で安全性向上 夏らしい新色も登場

トヨタのコンパクトカー「ポルテ」と「スペイド」が一部改良を受けました。また、特別仕様車も新たに設定されています。いったい、どのような点が変わったのでしょうか。

最新の安全装備を採用してより魅力的に

 トヨタは、コンパクトカー「ポルテ」と兄弟車の「スペイド」に一部改良をおこない、2019年7月3日に発売しました。あわせて、それぞれのモデルへ特別仕様車を新たに設定しています。

 一部改良で変更された点は、いったいなんでしょうか。

一部改良を受けたトヨタ「ポルテ」
一部改良を受けたトヨタ「ポルテ」

 今回の一部改良では、運転支援システム「Toyota Safety Sense」において、昼間の歩行者も検知対象に加えたプリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー + 単眼カメラ)が採用されました。

 さらに、駐車場などでのアクセルとブレーキのペダル踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する安全機能「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」をオプション設定しています。

 これにより、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]装着車は、「セーフティ・サポートカーS(通称サポカーS)」の「ワイド」に相当するモデルとなりました。

 また、マルチインフォメーションディスプレイの燃費や航続可能距離の表示などの視認性も向上しました。

 なおウェルキャブ仕様(福祉車両)においても、同様の改良が施されています。

 ボディカラーに関して、ポルテにはモノトーンカラーを7色と、ボディ上部に新色「アッシュグレーメタリック」を組み合わせたツートーンカラー3色を設定。スペイドにはモノトーンカラー7色を設定するとともに、ブラックのカーボン調ルーフフィルムを組み合わせた3組のカラーバリエーションを設定しました。

 また、一部改良にあわせてポルテには特別仕様車「F“Raffine(ラフィネ)”」、スペイドには特別仕様車「F“Noble collection(ノーブルコレクション)”」が新設定されています。

 それぞれ、Fグレードをベースに革調シボ付ルーフフィルムや、合成皮革とファブリックを組み合わせた専用シート、そしてインテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]が特別装備されました。

 一部改良を受けたポルテ/スペイドの価格(消費税込、以下同様)は182万8440円から212万8680円です。また、特別仕様車の価格は両車ともに200万7720円から215万8920円となっています。

 ウェルキャブ仕様の価格は、196万3000円から276万9000円(両車共通)です。

【了】

ポルテ/スペイドの違いは? 写真で見る(10枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事

コメント