オジサンたちの憧れ? バブル期に登場した国産名車5選

時代を先取りした大型&高級クーペの先駆者

●トヨタ「ソアラ」

トヨタ ソアラ(20系)

 1980年代は、日本の経済が上昇カーブを描いていた時代でした。がむしゃらに働いてどんどん給料を上げ、高級なモノをバンバン買うという「日本全国総成り上がり」状態です。

 クルマを買う際はまずコンパクトカー、次はセダン、そしていつかは高級車を目指すというのが定番で、若者はどんどん大型化&高級化していくクルマに憧れていました。そして高級志向のクルマは「ハイソカー」と呼ばれていました。

 そんな1980年代初頭に、トヨタ「2000GT」のようなイメージリーダーを念頭に開発され、1982年に登場した高級クーペがトヨタ「ソアラ」です。

 ソアラは当時としては画期的な機能を満載していました。タッチパネル式オートエアコンや、全グレード6気筒のDOHCエンジン(デビュー当時は3リッター/2.8リッター/2リッターのエンジンをラインナップ)を搭載し、トヨタ初の回転数感応式パワーアシスト付きラックアンドピニオンステアリングなども搭載していました。

 これら最新の機能が「ハイソカーの証」として多くの人に注目され、1980年から始まった「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を1981年に受賞するなど、性能や高級感、デザインでも時代の最先端を行くモデルでした。

 そのイメージは、1986年に登場した2代目ソアラへと引き継がれます。スポーツカーとは違うデートカーとしての側面も持ち合わせていたこともあり、2代目も大ヒットモデルに。当時大人気だった漫画「シャコタンブギ」にも登場するなど、少しヤンチャな人にも絶大な人気を誇りました。

デートカーの大本命として絶大な人気を誇った王道クーペ

●ホンダ「プレリュード」

ホンダ プレリュード(画像は1987年モデル)

 今ではすっかり死語の「スペシャリティカー」は、大衆車のコンポーネンツを使用しつつ、スポーティな走りやスタイリッシュなデザインをもつクーペのことです。このスペシャリティカーで高級なレストランや行楽に出かけるのが当時の最新トレンドで、お出かけするときは欠かせない「オシャレアイテム」だったのです。

 そんなスペシャリティカーの代表ともいえるモデルが、ホンダ「プレリュード」です。プレリュードは北米で爆発的なヒットをした「シビック/アコード」と同じエンジンを搭載したクーペとして、1978年に初代がデビューしました。

 1980年に入ると、日本の景気上昇に合わせてクルマに求めるものも変化します。スタイリッシュなクーペであるプレリュードも1982年に2代目へと進化します。

 リトラクタブルヘッドライトを採用した近未来的なルックスと、乗り心地と走行性能を両立させたダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションを搭載し、その先進性などが時代のニーズにマッチして、大注目されるモデルになります。

 そしてプレリュードの人気を不動にしたのが、1987年に登場した3代目モデルです。サスペンションは前後ともにダブルウィッシュボーン化され、マイナーチェンジではステアリングを切ったときに前輪と後輪が逆の方向に動く「機械式4WS」を量産車として世界初採用しました。

 また、当時のF1で絶対的な存在だった「HONDA」のブランドイメージもあって、当時は「シルビア派vsプレリュード派」が対立するほどでした。しかしその後、トレンドがミニバンへ移っていくことで、スペシャリティカーの代表格であるプレリュードは役目を終えていくことになります。

「ワゴン」や「4WD」を世間に認めさせた歴史的な名車

●スバル「レガシィ」

スバル レガシィ(初代モデル)

 1980年代は国産車の販売が好調でした。しかし、当時のスバルは高い技術力で開発された水平対向エンジンや4WD技術を持ちながら、他社からの買収や吸収合併が噂されるほど経営がうまくいっておらず、倒産の危機にありました。そんな危機的状況を救った救世主こそ「レガシィ」です。

 1980年代に誕生したブームが定着化したジャンルのひとつに「アウトドア」があります。当時のアウトドアはスキーが空前のブームで「スキー場までの雪道をガンガン走れるクルマ」が必要不可欠でした。

 レガシィは、バブル景気に突入した1989年に登場しました。水平対向エンジンの搭載はもちろん、「アルシオーネ」で培った4WD技術を投入するなど、当時のスバルが持てる技術を全て投入して設計されました。

 デビュー直前は、アリゾナ州フェニックスで行われた「10万km耐久走行における平均速度223.345km/h」という世界記録をCMで打ち出し、アウトドアにも使える自由度・高い耐久性・速さ・スタイリッシュさなどを兼ね備えたクルマこそがレガシィというイメージを定着させます。

 その後、各メーカーのさまざまな車種にワゴンモデルがラインナップされ、ワゴンブームのきっかけを作ったクルマといっても過言ではありません。

 さらにレガシィが画期的だったのは、当時は「ワゴン=商用車」というイメージが強かったボディスタイルを「アウトドアにも使えるスタイリッシュなクルマ」として確立させたことです。レガシィの登場によって経営難だったスバルは業績をV時回復させました。レガシィなくして今のスバルなしともいえる、奇跡の1台だったのです。

※ ※ ※

 みんなが憧れた1980年代の名車たち。しかし、それらのクルマを振り返ってみると、スタイリング・高い走行性能・余裕のあるパワー・使いやすさ・耐久性といった、現代のクルマにも求められてるニーズはそう変わってはいません。

 このニーズに的確に応えた先駆者的なモデルこそが「名車」の称号を授けられ、未来永劫語り継がれるクルマになるのではないでしょうか。

【了】

どの車でデートに行きたい? 懐かしの1980年代のクルマを見る(画像21枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. なぜレガシィの画像がツーリングワゴンじゃ無いの(泣)

  2. は?こんな車、全然欲しくなかったけど?ズレてない?

  3. よう売れた車たちです。でも、記事書いた人が若いのかなあ。
    1.レガシーの写真は、おっしゃる通り、やっぱりツーリングワゴンでしょう。
     当時セダンのレガシーはレア物でしたし。
    2.ソアラの写真も上がゴールドのものを使ってほしかったなあ。
    シーマも欲しいなあ。