カーシェアによる「働き方改革」で営業マンの8割以上が移動時間の削減を実感

タイムズは、カーシェアリングサービス「タイムズカーシェア 」のアンケートで、約8割以上の人が無駄な移動時間の削減を実感できたと発表しました。どのような使い方が高い満足度につながっているのでしょうか?

カーシェアを使っての「直行直帰」が高い働き方満足度を実現

 タイムズ24は、運営するカーシェアリングサービス「タイムズカーシェア 」の法人会員を対象に実施した「カーシェアによる働き方改革」に関するアンケート結果を発表しました。

タイムズカーシェアのイメージ
タイムズカーシェアのイメージ

 アンケートの結果では、「働き方改革」に取組んでいる企業・事業所の34%がカーシェアを活用した直行直帰を推奨、その目的として、約9割が無駄な移動時間の削減をあげています。

 そして、管理者および運転者ともに約8割以上の人が無駄な移動時間の削減を実感できたとしています。

 カーシェアに対する満足度は、管理者および運転者ともに「満足している」が9割を超えており、「とても満足している」では、運転者よりも管理者のほうが8ポイント高く、管理者からの評価がより高い結果になっています。

■【管理者向けアンケート結果】
・カーシェア法人会員のうち、働き方改革に取組んでいる企業・事業所は64%
・働き方改革に取組んでいる企業・事業所の34%がカーシェアでの直行直帰を推奨
・カーシェアでの直行直帰を推奨する目的は「無駄な移動時間を減らすため」が最多。そのほか、半数の企業・事業所は「営業効率の向上」「業務効率の向上」を目的としている
・「無駄な移動時間の削減」を目的としている企業・事業所の約8割が効果を実感。「営業効率の向上」「業務効率の向上」「業務時間の削減」についても6割が効果を実感
・働き方改革に取組み、カーシェアでの直行直帰を推奨している企業・事業所の99%がカーシェアを導入したことに「満足」

■【運転者向けアンケート結果】
・半数以上が月に1回以上カーシェアで直行直帰をしている
・カーシェアで直行直帰をする目的は「無駄な移動時間を減らすため」が75%
・8割以上がカーシェアでの直行直帰の当初の目的に対して効果を感じている。「無駄な移動時間の削減」と「電車やクルマの移動による身体的負担の軽減」は約9割が効果を実感
・カーシェアで直行直帰をしている人のカーシェアに対する満足度は98%

 実際にカーシェアを利用して直行直帰をしている運転者は以下のようにコメントしています。

「都内の渋滞を回避するため、電車で郊外へ移動したことにより時間を有効に使えました。運転ストレスがかなり軽減されました」、「自宅近くにあるのでとにかく便利で、顧客にも広く勧めています。会社に報告すれば直行直帰が可能な部署にいたこともあり、生活が変わりました」

「プライベートの時間を多く持てるようになり、時間に余裕ができたお蔭で今までしたいと思っていたことができました」、「以前は、朝、会社まで車を取りに行くために、会社に立ち寄っていましたが、カーシェアを利用するようになってからは、取引先まで直行することができ効率が良くなりました」

 以上のアンケート結果が示す通り、カーシェアで直行直帰をしたことがある人の98%はカーシェアに満足している結果となっています。

【了】

カーシェア満足度の細かいデータを画像で見る(11枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント