「それだけは食べないで!」車内で同乗者に食べてほしくない食べ物5選

家族や友人とドライブに行くとき、クルマのなかで飲食をすることがあるのではないでしょうか。しかし、大事な愛車のなかに残る、食べ物のニオイや汚れは気になります。そこで、「車内でそれだけは、食べないで!」という食べ物を集めてみました。

これだけは嫌!クルマのなかで、食べてほしくない食べ物

 家族や友人とのドライブ・旅行などクルマで長時間過ごすときに、車内で飲食をすることがあるのではないでしょうか。

 しかし、クルマという密室で何かを食べるとき、そのクルマのオーナーや同乗者に嫌がられる食べ物もあります。それは一体どんなものなのでしょうか。

●アイスクリーム

クルマのなかでアイスクリームを食べるのはNG

 クルマのオーナーが、車内で食べてほしくない食べ物の上位に挙げられるのが、アイスクリームです。

 高速道路のサービスエリアや道の駅などでは、ご当地限定フレーバーが販売されていたりと、アイスクリームの誘惑は尽きません。

 しかし、アイスクリームは暑さに弱く、溶け出すと予想のできない方向からクリームが垂れてしまうなど、車内を汚しがちです。そうなると、手やシートなど、触れた部分すべてをベトベトにしてしまいます。

 また、市販されているアイスの包み紙などは、内側がベトベトしているので、車内のごみ箱には捨てたくありません。

 アイスクリームはクルマの外で食べてから、車内に乗り込むようにしたいものです。

●クッキー・ポテトチップス・おせんべい

 クッキーやポテトチップス、おせんべいも、車内で食べてほしくない食べ物のひとつ。なぜなら、食べるとかけらがポロポロと落ちてしまい、シートの隙間などに溜まっていってしまうからです。

 食べ物の破片が車内に溜まると、見た目が汚いだけでなく、さまざまなニオイを発生させる原因となります。

 また、破片が落ちるという意味では、コンビニのおにぎりなども同様です。パリパリの海苔がシートの隙間に入り込むと厄介なので、注意することをお勧めします。

●スルメ・ファーストフード

 運転中の眠気覚ましにスルメはかなり効果的です。

 固いスルメを噛むことで目が覚めるため、眠くなったらスルメを噛むというドライバーも多いと思いますが、ニオイの強い食べ物の代表格でもあるので車内では食べてほしくありません。

 また、ファーストフードも車内で食べてほしくないものです。ドライブスルーのファーストフード店もあるので、小腹がすいたときなどに立ち寄ることも多いと思いますが、ニオイや油分が付いた手で、シートやカーナビなどをベタベタ触られたらたまりません。

 ドライブ中に車内で食べるものを選ぶときは、ニオイなどにも気を付けた方がよさそうです。

同乗者に嫌がられる!? クルマのなかで食べてほしくないものとは

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 確かにそうですね。私は車の運転をしないんですが、やはり相手に気を使い同乗するようにしてます。

  2. カップのジュース、コーヒー。
    派手にこぼされて嫌だった。
    あとタクシーの中で弁当を平然と食い始めた元友人のせいでこっちが恥かいた。