人気の軽自動車売れすぎ注意? 販売好調の陰には日本の不安な将来像が見えていた

昨今の軽自動車は経済性にも優れ、デザインや性能も普通車顔負けのモデルが多数登場していますが、その一方で、軽自動車が売れすぎることで弊害も生じているといいます。今後の日本を脅かしかねない問題とは、いったい何なのでしょうか。

新車販売の約4割を占める軽自動車

 昨今は軽自動車が人気です。ひと昔前とは違い、デザインも性能も普通車とあまり変わらなくなっており、ファーストカーとして使用するユーザーも増えています。

 2019年5月の販売台数を見ると、1位はホンダ「N-BOX」(派生車種のスラッシュを含む)、2位はスズキ「スペーシア」、3位は日産「デイズ」(ルークスを含む)で、上位3車はすべて軽自動車でした。

今一番売れているホンダ「N-BOX」

 4位は普通車のトヨタ「プリウス」ですが、5位は再び軽自動車のダイハツ「タント」、6位はダイハツ「ムーヴ」(キャンバスを含む)と続きます。その結果、新車として販売されたクルマの38%が軽自動車となり、売れ筋のカテゴリーであることがわかります。

 メーカー別に見ると、軽自動車比率を急速に高めたのがホンダです。2019年5月には、新車として販売されたホンダ車のうち、N-BOXが37%に達しました。「N-WGN」などを含めた軽自動車全体で見ると52%です。

 2019年7月18日にはN-WGNのフルモデルチェンジもおこなわれるので、ホンダの軽自動車比率は60%から70%になるかも知れません。これはスズキの82%に近づく勢いです。

 また、2019年3月にフルモデルチェンジしたデイズの売れ行きが好調で、日産も軽自動車の販売比率が37%に達しました。

 軽自動車は日本独自の規格で、メーカーも力を入れて商品開発をおこなうため、売れて当然といえるでしょう。しかし軽自動車がたくさん売れて、小型/普通車の販売比率が下がると弊害も生じてきます。

 弊害のひとつとして挙げられるのは、税収不足です。軽自動車は購入時に納める自動車取得税(地方税)の税率が低く、自家用車は取得価格の2%です。小型/普通車は3%なので、軽自動車は取得税を安く抑えられます。つまり、税収が下がというわけです。

 軽自動車は自動車重量税(国税)も軽減され、車両重量が1001kgから1500kgの小型/普通車と比べると、税額は27%と安いです。

 軽自動車税(地方税)は、自家用乗用車の場合で年額1万800円となります。小型/普通車の自動車税(地方税)は、現時点では税額が最も安いエンジン排気量1リッター未満の車種でも、年額2万9500円になり、軽自動車なら税額を37%以下に抑えられるのです。

 このように、軽自動車は節税効果が優れているため、軽自動車が増えて小型/普通車が減ると、地方税収は大幅に減額されます。

今一番人気の軽はナニ? 売れ筋軽自動車を画像でチェック

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2 3

【特集】東京モーターショー2019 開幕!

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 日本人は賢い民族です。この狭い国には軽自動車がベストである事が分かっています。🚘

    メーカーが頑張り最新の軽自動車の設備、広さ(頭上、後席等)、静粛性(加速音、ウィンカー音、バックギア音)は向上させました。

    子供達が独立した後は夫婦二人がゆったりした気分で乗れる軽自動車が一番です。
    もう日本の人口構成は変わらないのです。

    この国ではスピードは必要ありません。
    安全にスーパーマーケットやレストランの駐車場に停められる視界が重要です。

    家族の人数が多い時期は箱バンに乗って下さい。
    また気取りたい世代はカッコいい外車に乗って下さい。
    賢い人は日本の道路・駐車事情に優しい軽自動車を益々選択していくと思います🚙

  2. 渡辺様 特に日産系・ホンダ系の軽の台数比率が高すぎます。販売店に、それでも良いという状況にしているのが問題ではないですか。トヨタ系の販売店の、軽の台数比率は、今も低いです。車だけの問題ではないですよね?

  3. 税金のことをご心配されておられて嬉しく思います、、この際なので自動車税をすべてのくらすで増税しましょう、