速そうな外観だけど走ると残念!? 狼の皮を被ったヒツジ5選

おとなしい外見やイメージなのに、いざ走らせてみるとすごい走りをするクルマのことを「羊の皮を被った狼」と表現しますが、その逆のクルマもあります。そんな「狼の皮を被った羊」なクルマを5車種ピックアップして紹介します。

外観はスピーディでも走らせると残念な「羊」車

 大人しいルックスでありながらハイパフォーマンスなクルマのことを「羊の皮を被った狼」と呼ぶことがあります。

かつてスカイラインにディーゼルエンジン搭載モデルがあった

 それはスポーツカー並の走行性能を発揮するセダンや、コンパクトカーをベースに高性能エンジンを搭載した「ホットハッチ」、大柄なボディにもかかわらず高い高速巡行性能を持つSUVなどです。

 その逆でスポーティなイメージが強い車種なのに、出力の低いエンジンが搭載された低グレードや、ほんとうに見た目だけスポーツカーのルックスを持つ「速そうに見えるけど、実際はそれほどでもないクルマ」も存在します。

 そこで、見た目と裏腹に残念な性能の「狼の皮を被った羊」5車種をピックアップして紹介します。

●三菱「GTO」

伝説の「GTO NA」(画像はターボモデル)

 バブル景気に日本が沸いていた1990年に、三菱は先進的な技術を盛り込んだフラッグシップスポーツカー「GTO」を発売しました。

 エンジンやシャシは「ディアマンテ」を部分的に流用しながらも、流行のリトラクタブルヘッドライトに、当時の国産乗用車としてはワイドなボディを絞り込んだ「コークボトルデザイン」の3ドアファストバッククーペとし、ひと目でスポーツカーとわかるルックスが魅力でした。

 国内仕様はすべて4WDで、トップグレードには最高出力280馬力、最大トルク43.5kgmを発揮する、「6G72型」3リッターV型6気筒DOHC24バルブツインターボエンジンを搭載し、大柄なボディを物ともせず、豪快に加速させる姿は迫力あるものでした。

 しかし、GTOには最高出力225馬力、最大トルク28.0kgmの自然吸気エンジン搭載車も用意されていました。

 当時の3リッター自然吸気エンジンとしては決して低い出力ではありませんでしたが、1600kgを超える車重に対してはアンダーパワーであることは間違いなく、スポーツカーのGTOながらマイルドな性格のクルーザーになっていました。

●トヨタ「カローラレビン/スプリンタートレノ」

「ハチゴー」でもそんなに遅くはない!?(画像はGT APEX)

 1972年発売のトヨタのスポーティカーとして知られる初代「カローラレビン/スプリンタートレノ」は、「セリカ」に搭載されていた高性能な2T-G型DOHCエンジンをカローラ/スプリンターのクーペボディに移植(一部OHVエンジン搭載グレードもあり)して、セリカより低価格で発売されると瞬く間に若者に大人気となりました。

 その後のカローラ/スプリンターがモデルチェンジを経ても、レビン/トレノの名を冠したDOHCエンジン搭載のスポーティグレードを継続していました。

 しかし、5代目カローラ/スプリンターへのモデルチェンジ時に4ドアとワゴンがFF化されます。

 一方、レビン/トレノは新開発の4AG-EU型1.6リッター直列4気筒DOHC16バルブエンジンを搭載し、従来型のシャシを流用したFR駆動のままとされました。

 合わせて廉価版である1.5リッターSOHCの実用型エンジン搭載車にもカローラレビン/スプリンタートレノの名称が与えられました。

 130馬力の高回転型DOHCエンジン搭載車は「ハチロク」の愛称で今でも人気の「AE86型」ですが、83馬力でスポーティさに欠ける1.5リッターエンジン搭載車は「AE85型」という型式名です。

 マイナーチェンジ後の「SR」では、オプション設定の「スポーツパッケージ」でツートーンカラーも選択できたことから「カッコだけハチロク」などと揶揄されてしまいました。

 ちなみに、AE85型は「ハチゴー」の愛称で呼ばれ、中古車価格も安価だったことからチューニングカーのベースとして、一定の人気はありました。

●日産「スカイライン280D GT」

ディーゼルエンジンながらも「GT」を名乗った「スカイライン280D GT」

 2代目プリンス「スカイライン」は小型ファミリーセダンとして開発されたクルマでした。1965年にスカイラインをベースに日本グランプリGTクラスで勝つため、フロントノーズを延長して「グロリア スーパー6」用の2リッター直列6気筒エンジンを搭載した「スカイライン2000GT」を発売。

 元祖「羊の皮を被った狼」とも呼ばれ、以降スカイラインの6気筒エンジン搭載グレードは「GT」の名が付けられるようになりました。

 その後スポーティなイメージが強くなっていったスカイラインですが、5代目にはディーゼルエンジンを搭載したモデルが存在していました。

 1980年に発売された「スカイライン280D GT」は、2.8リッター直列6気筒OHCディーゼルエンジンLD28型を搭載し、最高出力91馬力/最大トルク17.3kgmを発揮。

 当時の国産ディーゼル乗用車としては高性能でしたが、直前に登場している2リッター直列6気筒ガソリンターボエンジンの陰に隠れて、燃費以外の部分で評価されることは少なかったです。

 次世代の6代目スカイラインでもディーゼルエンジン搭載車がラインナップされましたが、スカイラインの購入を検討するドライバーがディーゼルエンジンを選ぶことは稀で、いまとなっては大変希少なクルマとなっています。

見た目はカッコイイのに走りが残念なクルマを画像でチェック(14枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

12件のコメント

  1. スカイライン280D GTの加速は100Kmまではターボより早かったですよ!
    カタログ数値で記事を書くのは良くないと思います。

    • zakiさんに賛成!!
      ハコスカ初期の頃のGTと最終型(ケンメリ直前)のGTX、粗同じボディで105馬力と115馬力。0→400をやると毎回兄のGTXよりも私のGTの方が速かった!
      昔のカタログにはトルクカーブ等も載っていた。
      ヨタハチが馬力は約倍のS8と互角に闘えたのも良い例では・・・!?

    • 当時2800DーGTを持っている友達がいてハンドルを握らせてもらっていました。
      0-100の加速が半端なくてまさにシートに押し付けられる感覚は半端なかったですね。
      今もスカイアクティブDなど良いディーゼルエンジンはありますが当時はコンピューター制御もなくダイレクトな
      トルク感は体感できませんね。
      6気筒ディーゼルということでコーナーは…w。
      オオカミの皮を被った羊と揶揄されますけれどもカタログデータだけで書かれる記事より、実体験できた記憶を
      懐かしく、そして誇りに思います。

    • ここの作文は「実際に乗った事無く」『カタログも読めず/読み取れず』そして【車好きでは無い】アルバイト君が書いているようなものですから ・・・。読者の訂正コメントこそ【真実であり本当の記事】だと思います。280D GT 前に重い6発積みながらもスクワットして加速していく、黒煙を吐きながら! 規制の縛られ優等生の現代の車とは比べられない楽しさでした。

  2. フィエロ。思い出すなあ。強度は内側のフレームで、外板は強度をもたないから、レプリカ作りには最適?
    X1/9・MR2 の三台は、確かFFを後ろ向きに走らせるというコンセプトだったと思います。

    • セド430ターボも同じでセダンのVL6ジーゼルより加速は悪かった!まぁ全開加速だと黒煙凄かったけどね。

  3. 430セドリックVX-6はL20EのSGLより速かったけどね
    俺はVS-6のMTから280Eブロアムに乗り換えたが発進トルクは格段にVS-6が上だった。
    羊と言うなら後のRD28だろ

  4. 現在初期のGTOのNAしかもオートマに乗っています。確かにツインターボのモデルと比べると225馬力で28.0kgのトルクしかありませんが、普段使いで乗るには十分なパワーです。この記事を書かれた方は実際に乗られているんですか?エンジンスペックだけで決めつけて記事を書かないで下さい。パワーがあればいいってもんじゃないですよ。

  5. スカイライン2.8DGTのRD28をみくびってもらっては困るよ!当時2T-GEUの自分じゃまったくついていけなかった。友人の3T-GTEUでもやっと!
    真実を知らないで書かない方がいいですよ。

  6. 当時のスカイラインには1800のTIがありませんでした?

  7. この記事書いている人、スカイラインのディーゼル運転した事ないね。
    トルクは2000cc以上だと思う。
    当時、世界最速のディーゼルエンジンで、峠越えはトルクがあるから楽です。
    東北地方でよく売れたとメーカーの人が言ってました。

  8. オロチが優勝だと思います。