スズキ新型「アルト」を発表 日本が誇る軽自動車が初上陸

スズキは、パキスタンにおける四輪車、二輪車の生産販売子会社パックスズキモーター社が、新型「アルト」を2019年6月15日より販売開始したと発表。同社として初めて日本の軽自動車規格のクルマを海外で展開しました。

スズキ初となる軽自動車規格の海外展開

 スズキは、パキスタンにおける四輪車、二輪車の生産販売子会社パックスズキモーター社(以下、パックスズキ)が、新型「アルト」を2019年6月15日より販売開始したと発表しました。

ほぼ日本仕様のままパキスタンで発売された新型「アルト」

 パキスタンで販売される新型「アルト」は、日本で販売している軽自動車「アルト」と同じ全長・全幅のボディに、優れた燃費性能と力強い走りを両立する660ccの「R06A型」エンジンを搭載し、パキスタンの道路事情を考慮して最低地上高を高くする(Fグレード比で15mm)など、使用環境に合わせた変更を施されています。

 また、運転のしやすさや、使い勝手のよさ、ゆとりある室内空間など、日本磨いた高い基本性能をそのままに、価格を抑えた設定となっています。

 スズキ広報によると、外観は日本仕様から大きな変更はありませんが、フロントグリルの空気導入口が拡大・追加され、パキスタンの気候に合わせてラジエーターの冷却性能を向上させています。

 さらに、国内仕様では樹脂製のフロントフェンダーと燃料タンクが装着されていますが、現地調達部品に置換するためスチール製に変更されているとのことです。

PRスズキを代表するベーシックカー! アルトの中古車情報はコチラ

 パックスズキは1982年の生産開始以来、日本の軽自動車をベースに800から1000ccのエンジンを搭載したモデルを中心に生産を行ってきましたが、スズキの海外拠点で、現在の日本の軽自動車規格と同じボディと排気量を採用したモデルを生産するのは、今回が初めてとなります。

 スズキは、経済性と信頼性が高く、高性能な軽自動車を、日本のみならずグローバルに展開することで、同社が強みとするコンパクトカーの更なる普及を図っていくとしています。

 現地価格は99万9000ルピーから129万5000ルピーで、日本円でおよそ77万9000円から101万円(0.78円/ルピーで換算)です。

【了】

これがニッポンの軽自動車だ! パキスタンで発売された新型「アルト」の画像を見る(6枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

【特集】東京モーターショー2019 開幕!

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. タイでも売ってほしい

  2. これ、実は画期的なことなんじゃないかな。「アルトの販売」という記事だけれども、「日本の独自軽規格」の車を輸出して受け入れられれば、他の車、他のメーカーにも同様に大きなチャンスが広がりますね。頑張れ!アルト!

  3. 「世界の左側通行の国・右側通行の国の一覧」
    https://www.traveltowns.jp/rentacar/side-of-the-road/

    でみると右ハンドルの国(そのまま通行可)は結構ある。これらの国は顧客になりうるのでは?