車のカギの電池が切れたら? トラブル時の対処法や寿命を延ばす方法とは

緊急時のためにエンジン始動法が用意されている

 電池切れの場合、本来はすぐ電池交換すべきですが、交換の前に一時的にクルマを使いたいときはどのようにすればよいのでしょうか。

電子キーの電池切れには早めに対処するべき

 ドアの解錠をする際は、電子キーに内蔵されているエマージェンシーキーを取り出します。取り出し方は、電子キーのツメをスライドさせる方法が一般的です。そしてドアノブ周辺にあるカギ穴にエマージェンシーキーを挿入して、解錠します。

 次におこなうエンジンの始動は車種によって方法が異なります。

 ひとつ目は、通常時にノブを回してエンジンを始動するクルマ。この場合は、ノブの中央にエマージェンシーキーを挿すことでエンジン始動できます。

 ふたつ目は、通常時にスタートボタンを押してエンジンを始動するクルマです。この場合は、電子キーをスタートスイッチに当てながら押すことでエンジンが始動します。

 エマージェンシーキーの取り出し方やエンジンのかけかたなど、具体的な方法はクルマの取扱説明書で確認が必要です。また、この方法はあくまでも緊急時のものです。

 ちなみに電池の消耗を防ぐ観点から、トヨタは「テレビやパソコン、携帯電話、電磁調理器など磁気を発生する電化製品の1メートル以内に電子キーを保管しないでください」とアナウンスしています。

 いざというときに慌てることのないよう、あらかじめ取扱説明書で確認することが重要です。

【了】

メーカー間で差が! 各電子キーを写真で比較(10枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント