アルファロメオ ジュリアに50台限定の「スーパー モノクロームエディション」が登場

アルファロメオは2019年5月22日、「ジュリア」に限定車「ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション」を追加。全国のアルファロメオ正規ディーラーにて50台限定で発売を開始しました。

エレガントさとスポーティさが一層際立つ一台

 アルファロメオは、2017年10月に国内販売を開始した「ジュリア」の限定車「ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション」を、2019年5月22日に発売しました。同モデルは50台限定となります。

ジュリア2.0ターボ スーパー モノクロームエディション

 今回登場した限定車「モノクロームエディション」の外装には、カーボンエクステリアミラーハウジングが採用されているほか、通常は18インチとなるアルミホイールが19インチのダブルスポークタイプへと変更され、視覚的な低重心感を強調。さらにETC車載器も装備されました。

 内装には、ステアリングヒーターやプレミアムレザーシート、8ウェイパワーシート、シートヒーター、レザーインストルメントパネル、ウッドパネルなどを装備。また、高速巡航時にドライバーの負荷を軽減するアダプティブクルーズコントロールも備わっています。

 搭載されるエンジンは、当限定車のベースとなる「ジュリア2.0ターボ・スーパー」と同じ2リッター直列4気筒ターボエンジン(最高出力200馬力、最大トルク330Nm)です。

「モノクロームエディション」の価格は530万円(消費税込)で、ボディカラーは、アルファブラック(インテリアカラー:ブラック/ベージュ)とアルファホワイト(インテリアカラー:ブラック)の2色を設定し、それぞれ25台限定の販売となります。

【了】

限定車「スーパー モノクロームエディション」を写真で見る

【まだ間に合う!】夏休みお得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事

コメント