梅雨前に知っておきたい! ガラス撥水コーティングや曇り取りの方法

梅雨どきに困るのが雨の日の運転です。視界良好でストレスなく運転するためにも雨をはじくコーティング剤や曇り取り対策のポイントを覚えておきましょう。

意外と知らない?ガラスコーティングの種類

 梅雨時期など雨の日の運転は神経を使います。雨量が多い場合など、ワイパーではとり切れないフロントガラスの水分を除去するのに一役買ってくれるのがガラスコーティング剤です。

 濡れたままのフロントガラスでは当然視界も悪くなり、重大事故にもなりかねません。各社さまざまな商品を展開していますが、どのような違いがあるのでしょうか。

綺麗にしておきたいフロントガラス

 ガラスコーティング剤には、大きく分けて「シリコン系」と「フッ素系」という二種類あります。これらにはそれぞれ特性が存在し、用途や運転傾向、ドライバーの性格によって適切なものがあり、それぞれの長所と短所を考慮したうえで、商品を選ぶことが大切です。

 シリコン系とは、フッ素系にくらべて撥水性が高く、施工費や購入費用も安価で済むために、洗車の後は毎回必ず自分でコーティングするという人に適しています。

 一方のフッ素系は、撥水性こそシリコン系に劣るものの、一度コーティングしておけば一年以上も持つという製品もあり、めったにコーティングしないという人にはおすすめです。

 しかし、簡単にできる商品であっても、最初は戸惑うものです。シリコン系とフッ素系の違いや施工方法について、カーコーティングの専門店スタッフは次のように話します。

――シリコンタイプとフッ素タイプの違いを教えてください

 シリコンタイプとフッ素タイプでは、料金や施工時間が異なります。お手頃な価格で強力な撥水を求める人はシリコンタイプ。撥水力を長時間キープしたい人はフッ素タイプが適していますが、シリコンタイプに比べてフッ素タイプは施行に時間がかかります。当店では、シリコンタイプを選ぶお客さまのほうが若干多いです。

――お店に依頼した場合の作業工程を教えてください

 当社では、まずほかの塗装面への付着を防ぎガラス面の端ギリギリまで磨けるようにするため、養生作業を丁寧に行ないます。

 その後、コーティング剤とガラスの密着性を高めるために、ガラス面をキレイに清掃し油膜分を完全に取り除きます。最後にコーティング剤を均一に塗布し、乾燥させて仕上げるといった行程をとります。

――ユーザーが自分でやる際に気をつけたいポイントを教えてください

 ユーザー自身でやる場合には、できるだけ最初にガラス面の油膜を取り除くことが大事かと思います。

※ ※ ※

 自分でコーティングをやる場合、市販品を使うことになりますが、「シリコン系」と「フッ素系」と数多くの種類が存在します。

 そのなかで、手軽に手に入るほか評判が良いものとして、SOFT99の「ぬりぬりガラコ デカ丸」やCCIの「スマートビューONE」があります。
 
 ガラスコーティング剤のなかでも知名度が高いガラコシリーズの「ぬりぬりガラコ デカ丸」は、シリコン系のタイプです。塗面が従来品の2倍になっており、大型車のフロントガラスでもいっきに塗ることができます。シリコン系のため撥水効果も上々で、45キロから60キロで走行すればワイパーがいらないほどの効果を発揮します。

 対して、「スマートビューONE」はフッ素系のコーティング剤です。効果が最大12か月続くと説明しているほか、1本で3台から4台分は塗付できるため、うまくすれば3年から4年はまかなえてしまうというお得感もあります。

知っていると役立つ!デフロスタースイッチや送風口を画像で見る

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント