プジョー「308」が一部改良 新エンジン・8AT搭載と「GT Line」も追加

プジョーのベストセラーモデル「308」が一部改良を実施し、より魅力的になって登場しました。いったいどのような進化を遂げたのでしょうか?

Cセグメント輸入車のベストセラー「308」がより魅力的になって登場

 プジョーは、主力モデルのひとつである「308」に、新型ガソリンエンジンと8速オートマチック、アクティブクルーズコントロールなどを追加し、2019年5月7日より発売しました。

プジョー 新型「308」

 308は、国内外においてプジョーの主力モデルのひとつであり、実用性、スタイリング、乗り味、走り、安全性などを高い次元で両立させたヨーロッパを代表するハッチバック車のです。

 2016年11月の日本国内デビュー以来高い評価を得ている本モデルに、最新の欧州環境規制に対応した新型3気筒1.2リッターガソリンエンジン(EB2エンジン)と、新世代電子制御8速オートマチックである「EAT8」が搭載されました。

 今回搭載された3気筒1.2リッターガソリンエンジンは、新しい欧州環境規制「EURO6.2」に対応するため、各部に改良がほどこされた新型エンジンです。新しいインジェクションシステムによってパフォーマンスを維持しつつ、さらなる排ガス基準に対応するために燃料噴射ポンプの圧力が250バールにまで高められています。

 センサーは2つに増強され、ガソリン専用のGPF(ガソリン・パーティクル・フィルター)を採用。ターボチャージャーは電子制御式に変更されています。

 トランスミッションは、308のディーゼルエンジン搭載モデルに採用された「EAT8」新世代電子制御8速オートマチックを新たにガソリンモデルにも搭載しています。これによって308は「GTi」をのぞく全車が8速オートマチックトランスミッション&パドルシフト付きとなりました。

 このトランスミッション搭載モデルでは3つのドライブモードが選択可能です。とくにエコモード時は新しく搭載されたフリーホイール機能で、走行条件によってアクセルオフ時にクラッチを切って燃費改善を果たします。

 JC08モードの燃費は「308 Allur」「308 SW Allure」が17.0km/L、WLTCモードでは15.6km/Lとなっています。そのほか、ユーザーニーズの高いアクティブクルーズコントロールを全車標準装備し、「Peugeot ミラースクリーン(Apple CarPlayに対応)」を搭載しています。

 さらに今回は、運転支援機能やアクティブクルーズコントロールを標準搭載した特別仕様車「308 GT Line」も設定されました。

 価格は5ドアハッチバックの「308 Allure」が283万9千円、 4ドアスポーツワゴンの「308 SW Allure」が308万7千円、5ドアハッチバックの「308 GT Line」が308万9千円となっており(すべて消費税込み)、エンジンは1.2リッター直列3気筒ターボ、トランスミッションは8速オートマチックで統一されています。

【了】

新しくなったプジョー「308」を詳しく見る(10枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

最新記事

コメント