ホンダ 新型「シャトル」のクラスを超えた上質感を動画でチェック!

ホンダは、マイナーチェンジを受けた新型「シャトル」を2019年5月10日に発表しました。いったい、どのようなポイントが進化したのでしょうか。特長をまとめた動画をもとに、チェックしていきます。

より上質感が向上! 新型「シャトル」の魅力とは

 ホンダは、コンパクトステーションワゴン「シャトル」が2019年5月10日にマイナーチェンジを受けたことに合わせて、新型モデルの魅力を訴求する動画をYouTubeで公開しました。

 動画では、新型シャトルの特長が4つ紹介されています。

進化した新型「シャトル」の特長を動画でチェック

●より上質感を追求したデザイン

 マイナーチェンジによって、より上質感の高い内外装となった新型シャトル。デザイン変更された前後バンパーとフォグランプが、低重心とワイドさを演出します。

 テールゲートとリアコンビネーションランプの形状も一新され、リアビューもより洗練された印象となっていることが特長です。

 アウタードアハンドルをはじめとしたボディ随所に、クロームメッキパーツも配置されています(グレード別設定)。

マイナーチェンジを受けたホンダ 新型シャトル

●最長184cmのフラットな荷室

 レバーを引くだけの簡単操作でリアシートが倒れ、フロントシート背面からテールゲートまでの長さが184cm(2名乗車時)という広大な荷室が出現します。荷室側面の凹凸が少なく、かつ段差のない設計で、荷物の積みやすさにも考慮されています。

 家具や前輪を外したマウンテンバイクを積載できるほか、助手席を倒すことでより長い荷物を積載することも可能です。

●扱いやすい5ナンバーサイズ

 大人がしっかり乗れる居住空間と広い荷室を確保しながらも、車体は扱いやすい5ナンバーサイズ。狭い路地や駐車場でも苦にならず、幅広いユーザーが運転を楽しめます。

●先進の安全運転支援システムを標準搭載

「衝突軽減ブレーキ」や「誤発進抑制機能」などの9つの機能から構成される安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダセンシング)」が全てのタイプに標準装備されています。

 万が一のときに事故の被害を予防・軽減するほか、適切な車間距離を自動で保つ「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」機能をはじめとした、ドライバーの疲労を軽減する機能も備わっていることが特長です。良好な視界を保つ「オートハイビーム」機能が今回新たに装備されています(LEDヘッドライト装着車のみ)。

【了】

ホンダ 新型シャトルの特長を写真でもチェック(10枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事

コメント