ホンダ新型「シャトル」登場! 上質な内外装デザインに刷新

ホンダのコンパクトワゴン「シャトル」がマイナーチェンジを受け、内外装のデザインが刷新されました。また、先進安全運転支援システムの「ホンダセンシング」もこれまで以上に進化しています。

本革シート採用で上質な内装が魅力

 ホンダのコンパクトステーションワゴン「シャトル」がマイナーチェンジし、2019年5月10日より発売されました。価格(消費税込)は177万5520円から256万9320円です。

マイナーチェンジで上質になったホンダ「シャトル」

 シャトルは、5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトなボディと低燃費に加え、ホンダ独自のセンタータンクレイアウトによって実現した多様なシートアレンジや広くて快適な室内が特徴です。

 また、レバーを引くだけの簡単な操作で後席を前に折りたたむと、最長184cmのフラットな空間が生まれ、長尺物を積載することができます。

 今回のマイナーチェンジでは内外装が刷新され、より上質なデザインになりました。外観は、前後バンパーとフォグライトの形状を変更し、低重心でワイドなスタイルを実現。リアは、テールゲートとリアコンビネーションランプのデザインを一新し、リアビューのシャープさを際立たせました。

 また、アウタードアハンドルやフロント・リアバンパー回り、サイドシルモールなど、随所にクロームメッキパーツを採用して高級感を演出しています。

 ボディカラーは、新色の「ブリティッシュグリーン・パール」をはじめとした全8色をラインナップしました。

 内装では、上品な光沢をもつピアノブラック加飾を採用しました。シートのデザインも刷新するとともに、新たに本革シートを設定し(一部グレード)、質の高い空間を実現しています。また、リアセンターアームレストにカップホルダーを追加することで、使い勝手も向上させました。

 デザインの変更に加え、防音材を見直すことで静粛性が向上するとともに、先進安全運転支援システム「ホンダセンシング」では従来の8機能に加えてオートバイビーム(LEDヘッドライト装着タイプ)が追加され、これまで以上に安全性能が向上しています。なお、新型シャトルはサポカーワイドSに該当しています。

【了】

内外装の質感アップ! ホンダ新型「シャトル」の画像を見る(27枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

最新記事

コメント