燃費1位「プリウス」に次ぐ意外なクルマとは? 国産セダン燃費ランキングTOP5

クルマを買うときに重視するのは燃費という人も多い現在、セダンタイプのクルマで燃費の良い車種はいったい何でしょうか。トヨタ「プリウス」も含まれる“燃費激戦区”の国産セダンで最も燃費性能が優れた車種をピックアップしました。

実用車として人気のセダン、燃費性能TOP5

 クルマの購入を検討する時に、重要な燃費。これは、燃料1リットルで何キロ走れるかを数値化したものです。

トヨタ プリウス

 各自動車メーカーでも燃費を改善するべく技術開発が進んでいて、「アイドリングストップ装置」「直噴エンジン」「可変バルブタイミング」などの燃費向上技術を採用したり、エンジンとモーターを組み合わせたハイブリッド車を開発しています。

 そのなかでも、古くからあるボディタイプである「セダン」は、世界初の量産ハイブリッド専用車であるトヨタ「プリウス」をはじめ、最新技術が最初に搭載されることが多いタイプでもあります。

 国土交通省は毎年、型式指定や新型届出を受けたクルマの「自動車燃費一覧」を公表しています。そこで今回は平成31年3月公開のデータから、国産セダンのカタログ燃費上位5台を紹介します。

 なお、本ランキングではディーゼルエンジンを搭載したモデルは除外しています。

●1位 トヨタ「プリウス」 JC08モード燃費 39.0km/L

トヨタ プリウス

 「21世紀に間に合いました。」のキャッチコピーで1997年に登場したのがトヨタ「プリウス」です。

 今でこそハイブリッドカーの代名詞的な存在となっていますが、初代の発売当時は同じ車格の車種と比べて割高だったことなどから苦戦が続きました。

 しかし、その後の環境問題への関心の高まりやガソリン価格の変動などにより注目が集まりはじめ、2003年に登場した2代目、2009年に登場した3代目は人気車種へと成長しました。2015年には現行型の4代目に進化しています。

 1.8リッター直列4気筒で最高出力98馬力を発揮する「2ZR-FXE型」エンジンに「1NM型」モーターが組み合わされたハイブリッドシステム「THS II(Toyota Hybrid System II)」により、JC08モード燃費で39.0km/L(Eグレード)と優れた燃費性能を発揮することが特長です。

 また、リアに搭載された「1MM型」モーターで後輪を駆動する「E-Four」(電気式4WDシステム)搭載車も、JC08モード燃費で34.0km/Lを記録しています。

 価格はベーシックな「E」が251万8560円(消費税込:以下同様)、上級グレードの「Aプレミアム“ツーリングセレクション”」は328万4280円となっています(ともにFF仕様の価格)。

●2位 ホンダ「グレイス ハイブリッド」 JC08モード燃費 34.8km/L

ホンダ グレイス

 ホンダ「グレイス」は、高い燃費性能と広い室内空間を兼ね備えた小型セダンです。

 ハイブリッド仕様に搭載されるパワートレインは1.5リッター直列4気筒で最高出力110馬力を発揮する「LEB型」エンジンに「H1型」モーターを組み合わせたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-DCD」です。

 車両重量1160kg(HYBRID DXグレード・2WD仕様)の軽量なボディと相まって、34.8km/L(HYBRID DX/HYBRID LX・Honda SENSINGグレード)という低燃費を実現しています。4WD仕様でも燃費は29.6km/Lと、性能低下は小さいです。

 車両本体価格はベーシックな「HYBRID DX」が197万9640円で、上級グレードの「HYBRID EX・Honda SENSING」は235万3320円となっています(ともにFF仕様の価格)。

●3位 トヨタ「カローラアクシオ ハイブリッド」 JC08モード燃費 34.4km/L

トヨタ カローラアクシオ

 日本を代表するベストセラー車「カローラ」シリーズから登場したトヨタ「カローラアクシオ」は、2012年発売の現行モデルで2代目となるセダンです。

 ハイブリッド仕様にはプリウスよりもひと回り小さい排気量1.5リッターの「1NZ-FXE型」エンジンが搭載され、それに「1LM型」モーターが組み合わされることでJC08モード燃費で34.4km/Lの低燃費を実現しています。

 車両本体価格はベーシックなグレード「HYBRID」が207万3600円で、上位グレードの「HYBRID G“W×B”」は248万2920円です。

低燃費を実現しているハイテクセダンはコチラ!(16枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

7件のコメント

  1. >発売から40年以上のロングセラー車も
    とあるが、実際には「発売から40年以上のロングセラー車(名)も」であり
    実際に「発売から40年以上のロングセラー車」が好燃費な訳では無い。
    このような無意味なツリは記事の信用性をかえって損ねるので、使うべきでは無い。

  2. 分かると思うけど…

  3. 今更JC08モード燃費で比較されても…
    2位も妥当なとこだし

  4. 論点、経済性?ダダの燃費の数字?CO2の少なさ?車を買う人から言えばその論点は、その車が、一キロ走るのに幾ら掛かるのか?で議論すべきで有る。その見方からすれば、ディーゼルを外して議論する事は余りにも、=マツダ外しの記事にしか見えない?同じ土俵で我々にどの車が一番経済的なのか?を表して欲しい。

  5. そもそもプリウスってセダンじゃなくてハッチバックじゃない?

  6. セダンに絞る理由がわからん。

  7. プリウスはセダンじゃないけどね。
    いつもメーカーのカタログデーター載せますね。。
    実際に使った値は載せないのね。。。