• くるまのニュース
  • ライフ
  • 人気のトヨタ「アルファード」3年間の維持費はいくら? ガソリン・HVはどちらがお得か徹底検証

人気のトヨタ「アルファード」3年間の維持費はいくら? ガソリン・HVはどちらがお得か徹底検証

人気ミニバンのトヨタ「アルファード」「ヴェルファイア」の購入から3年間にかかる税金・ガソリン代を徹底検証してみました。また、ガソリンとハイブリッドでは、どちらがお得なのでしょうか。

アルファード&ヴェルファイアのお買い得グレードは?

 多人数で乗車できる3列シートミニバンの人気が高いですが、その最上級車種となるのがトヨタ「アルファード」「ヴェルファイア」です。

トヨタ「アルファード」

 両車は基本部分を共通化した姉妹車で、アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツトヨタ店で販売されています(一部地域を除く)。

 2018年(1月から12月)の販売ランキングを見ると、全長が4900mm以上の3ナンバー車で登録台数が最も多かったのは、アルファード(年間登録台数は5万8806台)でした。姉妹車のヴェルファイア(4万3130台)と合計すると10万1936台に達します。

 この台数は、コンパクトミニバンのトヨタ「シエンタ」(9万4048台)を上まわり、「プリウス」(11万5462台)に迫る販売実績です。車両の価格が337万6080円から750万2760円に達することも考えると、物凄い人気車といえるでしょう。

 アルファード&ヴェルファイアが高い人気を得た理由は、広くて豪華な室内にあります。全長4950mm(エアロパーツ装着グレード)、全幅1850mm、全高1935から1950mmという大柄なボディで、3列目のシートまで含めて頭上と足元の空間が広いです。

 しかも内装は、インパネからシートの生地まで上質に仕上げられ、快適装備も充実しているので、リムジン的な快適性を得られます。

 そのため、レクサス「LS」やトヨタ「クラウン」をショーファーとして使っていたユーザーが、アルファード、ヴェルファイアに乗り替えるなどして、ユーザーを増やしました。

 とくにアルファードを扱うトヨペット店では、商用車で人気の高いハイエースも販売しており、法人の顧客も多いため、重役を乗せたりする目的でアルファードを購入するユーザーがいるといいます。

 トヨタの商品企画担当者は次のようにコメントしました。

「TVのニュースなどで、政治家がアルファードを使っている場面が放映され、イメージアップに繋がったこともあると思います」

 政治家や企業の重役のみならず、最近では芸能人にもアルファード、ヴェルファイアを利用しています。これまでのセダンタイプの高級車より、ミニバンの方が乗り降りもしやすく、車内でゆったりくつろげる点が、これほどまでに人気を得た理由といえそうです。

豪華な内外装が人気! オラオラ顔のトヨタ「アルファード/ヴェルファイア」の画像を見る(18枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2 3

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. カタログ上の数値ばかりを語っていて、全く参考にならない数値。
    実際に自分でもそれぞれリースで3.5リッターとHVを乗り比べてみたが
    HVは重量の割には馬力&トルクが貧弱で、かなり踏まないと加速しない。
    街乗りではヘタをすると3.5リッターよりも燃費効率が落ちる。
    高速道路メインで使用する人なら
    走行距離にもよるが5~6年で元を取れるだろうが
    街乗りメインで使用する場合は実質HVでガソリン車より費用を浮かせるのは不可能。
    街乗りメインで使用するならまだ3.5リッターの方が良い(ガソリン車の2.5リッターが最良の選択ではあるが(^^;)。
    筆者は実際に乗り比べてもいないのに机上の空論でモノを言っている理想論者。
    行動もしていないのにコラムだけぶち上げて人々を惑わせるのはやめてもらいたい。