日産新型「デイズ」は軽自動車を超えた! 本気を見せた日産がライバルを圧倒する

2019年3月にフルモデルチェンジした日産新型「デイズ」は、デザインはもちろん、走行性能も大幅に進化し、ライバルを圧倒する軽自動車に生まれ変わりました。一体どのようなところが進化したのでしょうか。

軽自動車の概念を覆すような進化を遂げた日産新型「デイズ」

 2019年3月末に、日産の軽自動車「デイズ」がフルモデルチェンジしました。

 新型デイズについて、「軽自動車ではなく、普通車を開発するつもりで取り組みました」と開発者が語るように、これまでの概念を変えるくらいの進化を遂げています。デイズは一体どのように進化したのでしょうか?

日産新型「デイズ ハイウェイスター」

 新型デイズは、パーシブド・クオリティという「感性評価」を重視した内外装をはじめ、パワートレインやプラットフォーム、ハイブリッドシステムの刷新、クラスNo.1の室内空間、荷室、取り回しの良さでライバルを凌駕しています。

 全車速で追従およびステアリング制御が作動する「プロパイロット」の搭載で先進性を高める一方、初心者にも安心できる運転環境を地道に突き詰め、軽自動車として初めて「SOSコール」を採用しました。

 外観のデザインは、スタンダードモデルとスポーティなハイウェイスターの2タイプが用意され、どちらも日産ブランドの一員として存在感のあるスタイルが印象的です。

 最も特徴的なのは、Vモーショングリルやブーメランヘッドランプシグネチャーといった、日産のデザインランゲージを盛り込んだフロントマスクです。スタンダードはクロームとブラックで縁取りしたハロゲンヘッドランプで、目鼻立ちのハッキリとしたハンサムフェイスとし、ハイウェイスターには上下2段式7眼のLEDヘッドランプで先進感を、独立したフォグランプまわりで低重心・ワイド感を表現しています。

 内装は、スタンダードとハイウェイスターで大きく印象が異なります。スタンダードはグレージュを基調とした優しい色合いで親和性や開放感を強調し、ハイウェイスターはブラックを基調にブルーを挿し色として加えることで、甘くなりすぎない大人の空間をイメージしました。

 オプションで用意されるプレミアムコンビネーションインテリアは、クロスと合皮のコンビとなるブラウンカラーがエレガントで、2クラス上の上質感を実現しています。

 インパネは上下2段構成のデザインで、上部はまるで浮かぶようにフローティングすることで、広々して軽い印象を表現したとのことです。

 そして、外装に取り入れられているシグネチャーランプなどのモチーフを取り入れる遊び心もあって、手で触れた時の感触やスイッチ一つ一つの配置、プラスチック感のない表面処理など、やはり全体的に質感の高さを感じました。

収納の使い勝手など、細かい配慮がうれしい

 収納スペースなどの使い勝手の面では、まず感心したのが「車検証」の専用ポケットが助手席側のドアに設置されていることです。通常はグローブボックスの中に格納されることが多い車検証をそちらに収納することで、もっと便利に使えるようにとの配慮からです。

日産新型「デイズ ハイウェイスター」内装(プレミアムコンビネーションインテリア)

 そして、スマートフォンなどをUSBで充電しながら置けるオープントレイや引き出し式のフラットなスライドトレイ、紙パック飲料も入るドリンクホルダーなど、“見せる収納”が揃う一方で、ボックスティッシュをすっぽりしまえるスライドボックス、容量たっぷりのセンターロアボックスなど、“隠す収納”もちゃんと用意されているのが嬉しいところです。

 シートに座ってみると、前席も後席もかなりゆったりとしています。これは新開発プラットフォームの採用によって、ホイールベースが65mmも拡大しているからです。

 前席はショルダールームが広がり、後席はニールームが先代比70mmアップの710mmになりました。これは高級セダンの「フーガ」並みで、もちろんクラストップの広さを誇ります。フロアの中央に邪魔な出っ張りのないフラットな足元となっているのも、座り心地の良さに貢献しています。

 荷室では奥行きが135mm広がり、床下収納も2WDモデルで容量54リットルとたっぷり確保しました。フロアボードを開けると200mmの深さがあるので、かさばるA型ベビーカーが立てて置けるほどです。

 後席のスライドと前倒しが荷室側からもできるのが便利ですが、残念なのは左右独立ではなく一体式というところ。ダイブダウンではないので、前倒しした後の荷室フロアにやや段差が残ってしまうのは数少ない弱点のひとつではありますが、全体的には使いやすい荷室になっていると感じました。

Vモーションで最近の日産顔に変身!新型「デイズ」ってどんなクルマ?(30枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント