これはいいね! ボルボ「V60 CC」はどんな道でも走破できる究極のワゴン?

昔に比べてステーションワゴンタイプのモデルが減りつつあります。そんななか、ボルボの新型「V60」にクロスカントリー仕様となる「V60 Cross Country」が日本に導入されました。標準モデルの「V60」とはなにが違うのでしょうか。

本格的なSUV並の最低地上高をもつV60CC

 早くもボルボ「V60」のクロスカントリー仕様が日本に入ってきた。改めてクルマを見ると、「やっぱりカッコ良い!」。

どこへでも行きたくなる「V60 Cross Country」

 ボルボの面白さは、ステーションワゴンであっても最低地上高をキッチリ確保することにある。数字見たら210mm。この手のクルマを見ると、アウディの「A4オールロードクワトロ」で170mm。メルセデス・ベンツ「Eクラス」のオールテレーン(全ての道、という意味)なんか140mmと悲しい。

 写真を見るとV60特有の薄くてワイドなボディがしっかり宙に浮いた感を出せている。いわゆる「ハイライダー」というドレスアップ手法ですね。

 標準のV60もスタイリッシュで高く評価されているけれど、クロスカントリーを見たら一段と個性的だし存在感あります。4WDやワイドフェンダーも付いて50万円差ならコチラを選ぶというヒトが多いんではないでしょうか。

 最初に日本導入となるクロスカントリーのパワートレインは『T5』と呼ばれる252馬力/350Nmのガソリン2リッターターボ。この後、『T6』というPHVも入ってくるらしいです。

 ディーゼルの計画については、当面無いそうで、もちろん車両価格の差をガソリン代の差で埋めるのは難しいと思う。上質でパワフルな走りを好むなら『T6』を待てばいい。

 前置きはこのあたりにして試乗と行きましょう。ドアを開け運転席に座ると「いいね!」。なんせ路面からのシートがV60より70mmほど高い。したがって腰を下ろすときも、降りるときも楽ちんです。

 SUVの魅力に「乗り降りしやすいシート高」を挙げる人多いけれど100%支持したい。クロスカントリーのシートもSUVに匹敵するくらいストレス無し。

 当たり前ながらハンドル握った時の目の位置だってV60より70mm高い。これまた乗用車というよりSUVに近い感じ。街中を走っていても高速道路走っていても、見通し良くて快適。

 こう書くと「低い方が好き」という意見も出るだろう。個人的には「低いなら思いっきり低く。一般道をゆっくり走るならある程度高く」が好みです。

座った瞬間「いいね!」 ボルボのV60 Cross Countryを画像で見る(29枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント