N-BOXの1/10以下はあたりまえ!? 売れていない軽自動車5選

日本で一番売れているクルマは軽自動車です。使い勝手もよく、装備も登録車と比べても遜色なくなっていますから、普段使いでは軽自動車でも十分ということでしょう。しかし、売れていない軽自動車もありますから、販売台数が低迷している軽自動車5台をピックアップして紹介します。

軽自動車といえども売れないモデルも多数あり

 いまや日本の自動車市場でもっとも売れているクルマは軽自動車です。販売台数トップはホンダ「N-BOX」ですが、2018年には約24万台も販売しました。

ハイトワゴンながらも販売が苦戦している「ウェイク」

 一方で、あまり売れていない軽自動車も、当然あります。そこで、2018年のデータから販売台数が低迷している軽自動車を5台ピックアップして紹介します。

 なお、商用車、他メーカーから供給されているOEM車、2018年中にフルモデルチェンジしたクルマは除外しています。

●ホンダ「S660」

「S660」は高価なスポーツカーだから仕方ない!?

 軽自動車で唯一のミッドシップ・オープン2シーター「S660」は2015年に販売されました。2018年の販売台数は3003台です。

 64馬力を発揮する3気筒ターボエンジンをリアミッドシップに搭載。運動性能を向上させるため、軽自動車初となるハンドリング支援システム「アジャイルハンドリングアシスト」を採用しています。

 また、ブレーキも四輪ディスクとするなど、走る、曲がる、止まる、すべての性能を高めています。

 S660の価格は、ベーシックグレードの「β」が198万720円(消費税込、以下同様)、ハイグレードの「α」が218万5920円で、どちらも同価格で6MTとCVTが選べます。

 また、内外装とサスペンション、ブレーキがハイクオリティな特別仕様車「S660 モデューロX」が285万120円となっています。

 S660の販売台数が少ないのは、2シーターで趣味車として乗る方が圧倒的に多いことと、この高額な価格なので、ある意味仕方ないでしょう。

●ダイハツ「アトレーワゴン」

外観もテコ入れしたものの厳しい状況の「アトレーワゴン」

 ダイハツ「アトレーワゴン」は商用車の「ハイゼットカーゴ」をベースにした1BOXタイプの軽ワゴンです。現行モデルは2005年に発売された5代目となります。2018年の販売台数は6628台です。

 アトレーはエンジンを前席下に搭載し、リアタイヤを駆動するFR車となっています。この手法は古くから軽トラックやバンに採用されていますが、現在、乗用車では少数派になってしまいました。

 ハイゼットカーゴをベースにしていますが、内外装の質感はアトレーワゴン専用になっています。とくに内装は素材の表面処理を変えて、高級感を演出しています。

 発売後、何度か改良されており、2017年のマイナーチェンジでは、フロントフェイスの刷新と、衝突回避支援ブレーキ機能を含めた先進安全装備「スマートアシストIII」を全車標準装備しました。

 見た目の印象も安全性もアップしているにもかかわらずアトレーワゴンが売れていないのは、やはり1BOXバンと同じスタイルであることが最大の要因だと思われます。

 しかし、バンベースであることは避けられないので、ダイハツとしては、マイナーチェンジでバンと差別化を図るということが、精一杯の対応だったのではないでしょうか。

●ホンダ「N-ONE」

当初の勢いはすっかり影を潜めてしまった「N-ONE」

 ホンダの軽自動車なかでも、「N-BOX」の爆発的ヒットの影に隠れてしまっているのが「N-ONE」です。

 2012年に発売ですから、もう7年目に突入しましたが、フルモデルチェンジの気配はいまのところありません。2018年の販売台数は1万6353台です。

 スタイルはトールワゴンタイプで、ホンダ初の軽乗用車「N360」をオマージュしたクラシカルな印象のデザインを採用し、発売当初は大いに話題となりました。

 価格は120万960円からとN-BOXと比べると安価に設定されていますが、N-ONEがスズキ「アルト」やダイハツ「ミライース」に追いつけない決定的な問題があります。それは先進安全装備の内容です。

 最新の「ホンダセンシング」は搭載されず、古いタイプの低速域衝突軽減ブレーキが搭載されています。

 いまや軽自動車といえども先進安全装備は進化していますので、早急にアップデートする必要があるということです。

「2位じゃダメなんでしょうか?」どころの騒ぎじゃない軽自動車を見る(16枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 逆にN-BOXがなぜ?売れてるのかわかりません、走らない燃費悪い、二度と買いたくない車です

  2. 本来、質素なのが軽の売りだったような気がします。高性能になったり多機能になったりは構いませんが、私はひとりで乗ることが多いし、本来の足としての使い方しかしないのでもっと安いグレードの軽があってもと思います。パワステ、マニュアルエアコンは必要ですが、パワーウィンドウやパワードアロックも必要ないし、内装もシンプルでいいと思います。

    • 今、日本車は付加価値を付けていらない装備てんこ盛り、値段を上げ、見てくればかり、基本的な所には金が掛っていない、故障すれば寿命ですねと言われる、整備もAssy交換ばかりで技術は廃れる、国民性か?外車も日本に仕様を合わせる為、本国のSTDモデルは入ってこない、残念だが車に対する偏見は50年経っても直らない。

    • ミライースやムーブのノーマルがあるでしょうに