• くるまのニュース
  • 試乗記
  • トヨタが遊べる4WDを作った! 新型「RAV4」を全開チェック「こんな楽しいトヨタ車は久しぶり」

トヨタが遊べる4WDを作った! 新型「RAV4」を全開チェック「こんな楽しいトヨタ車は久しぶり」

新開発の四駆システムはブルドーザーの信地旋回のよう!?

 まず新型「RAV4」は、全く新しい4WDのシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」を採用しました。前輪は普通のFFと同じながら、後輪を左右独自に駆動力を伝える「トルクベクタリング」と呼ばれる制御を行うものです。

トヨタ新型「RAV4」で雪上試乗する筆者の国沢氏

 簡単にいえば、ブルドーザーなどの信地旋回です。ブルドーザーが右に曲がるときは、左のクローラーを右より多く回すというもので、同じことをクルマでも行っています。

 すなわち、右のコーナーではハンドル切った時に左後輪へ多くの駆動力を掛けてあげると、驚くほど素直に曲がっていきます。滑りやすい雪道でも全くストレスはありません。「楽しい」とすら思ってしまうでしょう。

 今回はテストコースということもあり、ハンドル切ってアクセル全開! するとリアから曲がっていこうとします。テール流れますね。

 通常モードだとVSC(横滑り防止装置)が介入し、適当に楽しく曲がっていけます。それでは、ということでVSCをカット。するとスピンモードに入る直前までテール流れてくれるのでした。

 こうなればクルマの運転も「スポーツ」です。思わず私(国沢光宏)はスノーラリーのような走りを楽しんでしまいました。文頭に戻りますが、こんな楽しいトヨタ車は久しぶりです。

狭い道での全開走行でもヒヤリとすることすらない

 続いて普通の山道をイメージしたハンドリングコースを試します。対向車が来たらスレ違えないほど狭い道幅でしたが、そんな細い道だってアクセル全開で走れちゃうのです。加えてコントローラブルです。時速100キロ以上出したって「ヒヤリ」とすることすらありません。

 私は仕事でクルマに乗る場合、「楽しくなったら試乗を終える」と決めているのですが、存分に楽しませて頂きました。

 さて、新型RAV4でトルクベクタリングの4WDを採用しているのは「アドベンチャー」と「G“Z package”」というグレードだけです。

 新型RAV4には、普通の電子制御4WDと後輪をモーターで駆動するハイブリッドモデルもあります。こちらは今まで通りの実用性最優先の味付けだと思っていたら、とんでもございません。

 アドベンチャーと比べればワクワク度は下がる傾向ですが、開発チームは「せっかくなので可能な限り曲がるようにしよう」と考えたそうです。かくして普通の4WDやハイブリッドモデルまで雪道を走って楽しいクルマになっていました。

 なかでも驚いたのがハイブリッドモデルです。後輪モーターの出力を上げ、ほぼ最高速まで駆動力を残します。「後輪モーターの4WDもこんなに楽しくなるのね」と感心しました。

【了】

トヨタが遊べる4WDを作った!新型「RAV4」全開チェックの画像を見る(24枚)

画像ギャラリー

Writer: 国沢光宏

Yahooで検索すると最初に出てくる自動車評論家。新車レポートから上手な維持管理の方法まで、自動車関連を全てカバー。ベストカー、カートップ、エンジンなど自動車雑誌への寄稿や、ネットメディアを中心に活動をしている。2010年タイ国ラリー選手権シリーズチャンピオン。

1 2

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ジムニーの例をみればわかるように、70デザインのほうがうれるだろうに。