SUV風の三菱「eKクロス」が日産で販売される可能性は? OEMとは違う共同開発のメリットとは

2019年3月28日にフルモデルチェンジした新型軽自動車の「デイズ」「eKワゴン」は、日産と三菱が共同開発したモデルです。デイズとeKワゴンの共通点と相違点は、どのようなところなのでしょうか。

日産・三菱の新型軽自動車「デイズ」「eK」

 日産は、軽自動車「デイズ」「デイズ ハイウェイスター」をフルモデルチェンジし、2019年3月28日より発売しました。

 先代デイズから日産は、三菱と共同出資した合弁会社のNMKVで軽自動車開発を行っており、今回も同社が企画・開発を担当しています。

 三菱もデイズと同日に新型「eKワゴン」「ekクロス」を発売しましたが、共同で開発された両モデルの共通点、異なる点はどのようなところなのでしょうか。

左:日産新型「デイズ ハイウェイスター」/右:三菱新型「eKクロス」

 デイズ・eKワゴンの共通点として、内装やパワートレイン、運転支援システムが挙げられます。

 日産デイズ・デイズ ハイウェイスター、三菱eKワゴン・eKクロスの内装は、9インチの大型モニター(オプション)を採用し、エアコンの操作部などにピアノブラックの静電パネルを取り入れるなど、高い質感を実現しました。

 さらに、座り心地の良いシートや広々とした後席も、居心地の良い空間づくりに一役買っています。

 パワートレインでは、新開発のエンジン・CVTに加え、リチウムイオンバッテリーを搭載したスマートシンプルハイブリッドが、日産デイズ・デイズ ハイウェイスターと三菱eKクロスに設定されました。

 このハイブリッドシステムは、小型化したモーターと新開発のリチウムイオンバッテリーを組み合わせることで、出力は同等としながら、回生量は約2倍となり、ブレーキングで発生したエネルギーをムダなく再利用できるといいます。

 新開発のパワートレインで動力性能が進化したことにより、力強い走りを実現するとともに、燃費も向上しています。

 また、運転支援システムにおいては、高速道路同一車線運転支援技術「プロパイロット」が軽自動車として初めて搭載されました。三菱では「MI-パイロット(マイパイロット)」と呼ばれています。

 前走車との距離をキープするアダプティブクルーズコントロールやステアリングを制御して車線中央を走行する機能などを搭載し、ロングドライブをサポートしてくれます。

最近の軽自動車はボディカラーにこだわる

 デイズ・eKワゴンで異なる点は、外観のデザインです。

 新型デイズは、最近の日産車に採用されているVモーショングリルやブーメランランプシグニチャー、フローティングルーフなどが取り入れられ、上質な雰囲気をまとっています。スポーティモデルのデイズ ハイウェイスターはエアロパーツが装着され、スタイリッシュな外観を実現しました。

三菱新型「ekクロス」「ekワゴン」

 一方の新型eKワゴンは、標準ボディとSUVテイストの「eKクロス」の2つのモデルが用意されました。

 eKクロスは三菱が強みとしているSUVのスタイルを取り入れることで、2019年2月にビッグマイナーチェンジした「デリカD:5」を小型化したような押し出し感の強いフロントマスクが特徴です。

 乗用車販売の約4割を占めるまでに成長した軽自動車ですが、ファーストカーとして使用するユーザーも増え、最近ではボディカラーやスタイルが重視される傾向にあるといいます。

 そのため、デイズ・eKワゴンともに、ボディカラーにこだわって、デイズは17通り、eKワゴン・eKクロスでは16通りが用意されています。

 とくに2トーンカラーにおいて、デイズ ハイウェイスターはマカロンから発想を得ていたり、eKクロスではボディカラーに合わせてルーフの色はすべて違う色が設定されるという、遊び心が感じられるカラーバリエーションとなりました。

結構違う!?日産新型「デイズ」と三菱新型「eK」を画像で見比べる(30枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. さりげなくエクストレイルっぽいパーツを付けた「デイズKIX」なんてのはでてくるんじゃね?

  2. 結局タイトルの”ekクロスが日産で発売される可能性”に言及してないじゃん