日産が初の軽自動車開発 新型「デイズ」発売

新型デイズには先進の運転支援技術やコネクティッドも採用

日産 新型デイズ インテリア

 新型デイズのインテリアは、心地良く広々とした室内空間のなかに、9インチの大型ナビゲーションを中心として個性豊かなインテリアカラーで彩られています。4.2インチのTFT液晶を採用した先進性あふれるメーターと、高級感漂うピアノブラックの静電タッチパネルなども採用されました。

 スタンダードモデルのインテリアは、グレージュカラーを基調としたファッショナブルなインテリア空間になっており、乗る人すべてが明るく過ごせるようなキャビンを実現しています。17種類の多彩なカラーバリエーションも魅力です。

 スポーティモデルであるハイウェイスターのインテリアは、ブラックを基調にブルーをあしらった、性別を問わずにファッショナブルでスタイリッシュと感じるシートカラーを採用。

 また、ブラックとブラウンのコンビネーションに、ミント系のアクセントを加えたシートカラーを採用した、プレミアムコンビネーションインテリア〈Z〉(シート地:合皮/トリコット)をメーカーオプションに設定しています。

 軽自動車では初採用となるプロパイロットには、衝突被害軽減技術の「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」、ステアリングアシスト付きの車線逸脱防止支援システム「インテリジェント LI」とLDW(車線逸脱警報)、誤発進を抑制する「踏み間違い衝突防止アシスト」を搭載。

 さらに、移動物検知機能付の「インテリジェント アラウンドビューモニター」、ハイビームとロービームを自動で切り替える「ハイビームアシスト」、時速0キロから100キロまでの間で作動する、前走車追従機能付きクルーズコントロールに、車線中央の走行を維持する機能も搭載。指先ひとつで操作できる電動パーキングブレーキや、停車時のブレーキ力を保持するオートブレーキホールドも採用されています。

 また、新型デイズには先進事故自動通報システムの「SOSコール」を軽自動車で初採用しました(メーカーオプション)。交通事故や急病などの緊急時に、位置情報、センサー情報とともに、自動で専門オペレーターに音声通話がつながります。専門オペレーターは消防指令センターや警察に迅速に連絡し、緊急車両の手配をサポートしてくれます。

 新型デイズのチーフ ビークル エンジニアである齊藤雄之氏は、新型デイズの発表に合わせて以下のようにコメントしています。

「私たちはまず、お客さまの声に真摯に向き合いました。あらゆる調査から軽自動車の“基本”に向き合うとともに、自らも『乗って』『見て』『体感』した上で開発に取り組みました。

 サイズや価格など、軽自動車ならではの制約の中、すべてを高次元で成立させるために、あらゆる分野のエンジニアが、これまでの登録車の開発で培った技術力を駆使し、決して妥協することなく挑戦してきました。

 すべてのお客さまに運転しやすく、使いやすいクルマにすべく、女性チームによる新たな評価も取り入れました。
 
 新型デイズは、“技術の日産”の持てる力すべてを注ぎ込んだと言っても過言ではありません。お乗りいただければ、その実力をすべてのお客さまに感じていただけると確信しています」

 日産 新型デイズの価格は、スタンダードモデルが消費税込み127万3320円から。ハイウェイスターが消費税込み146万9880円からとなっており、日産のカスタムカーを手がける「オーテック」からは、上質で可愛らしい印象の、新型デイズ「ボレロ」もリリースされます。
 
【了】

新型デイズの内外装や安全技術など、詳しい画像を見る(45枚)

【格安航空券・早いほどお得!】春休みの予定はもう決めた?

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント