日産が初の軽自動車開発 新型「デイズ」発売

日産の軽ハイトワゴン車である「デイズ」がフルモデルチェンジを行い、2019年3月28日に発表されました。軽自動車ならではの制約の中、すべてを高次元で成立させたという新型デイズは、一体どのようなクルマに仕上がったのでしょうか?

全方位の性能を大幅に向上させた軽自動車 日産 新型デイズ

 日産は、新型軽ハイトワゴン車の「デイズ」をフルモデルチェンジし、2019年3月28日に発表しました。

 新型デイズは、日産の重要基幹車種として位置付けられており、安全性、加速性能、室内の広さ、運転のしやすさ、デザイン、質感など全方位で高い目標を設定して開発されました。

PR広さが自慢の軽ハイトワゴン! 日産 デイズの中古車情報はコチラ

日産 新型デイズ X ハイウェイスター プロパイロットエディション(2WD)

 新型デイズは、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みのもと開発された新型軽自動車で、自動運転技術である「プロパイロット」を日産の軽自動車として初採用しています。

「自動運転化」「電動化」「繋がるクルマ」の3つの柱を主とする、ニッサン インテリジェント モビリティを実現するため、新型デイズはプラットフォーム、エンジン、CVTトランスミッション、電子アーキテクチャなどすべてを一新しました。

 新開発の直列3気筒660ccエンジンは、自然吸気、自然吸気+S-HYBRIDE、ターボ+S-HYBRIDEの3種類が採用されており、S-HYBRIDEはリチウムイオン電池化によってモーターアシストが前型比10倍以上になった「新S-HYBRIDE」となっています。

 新S-HYBRIDEに採用された新型モーターは、セレナに搭載されているモーターよりも小型化しながらも、出力がセレナと同等のものになっています。回生(発電)量はセレナの約2倍となり、減速で失われていた運動エネルギーを大幅に回収します。

 モーターによるアシスト、アイドリングストップ時間の増加、フリクションを極力排除した新型エンジンは、登録車と同等の静粛性と伸びやかな加速を実現しながら、WLTCモードで21.2km/Lという低燃費を実現しています。(新S-HYBRIDE非搭載モデルは18.2km/L)

 トランスミッションにも新開発のCVTが搭載され、締結剛性を向上させる静粛性向上技術を採用したほか、ドライバーがアクセルを深く踏み込むと加速意図を検知し、まるでギアがあるかのようにステップ変速をしながら加速する「Dステップ」を軽自動車として初めて採用しました。駆動方式にも、2WDと4WDが用意されています。

 エクスリアデザインは、「しっかりとした骨格」「活き活きした躍動感」「精度感ある作りこみ」をデザインキーワードとし、日産の新アイコンである「V-Motion」グリルや、彫りの深いサイドのウエストライン、ブーメランリアコンビランプシグネチャー、フローティングルーフなどが採用され、軽自動車でありながら堂々としたスタイリングを実現。スタンダードタイプとハイウェイスターで異なるデザインになっています。

 スタンダードモデルにはワントーンカラーを7種類、ツートーンカラーを4種類設定。スポーティモデルのハイウェイスターには11種類のボディカラーが設定されています。

新型デイズの内外装や安全技術など、詳しい画像を見る(45枚)

【格安航空券】早いほどお得! 年末年始・春休みの最安値みつかる♪

画像ギャラリー

1 2

最新記事

コメント