顔だけがすべてじゃない! 街中から悪路まで「任せとけ!」新型デリカD:5の実力

デリカといえば悪路の走破性も魅力

 キャンプや釣りなどアウトドアスポーツで走るような狭い未舗装路を走ってみると、こういった悪路に入るとクルマが「任せとけ~っ!」といっているような感じ。高い最低地上高のため下回りを擦ることなく、多少滑りやすい路面など全く苦にしない。普通のミニバンじゃ全くその気にならないような道を楽しく走れるのです。

高い悪路走破性も「デリカD:5」の魅力

 好感を持てたのがハンドリング。三菱ファンなら御存知の通り「デリカD:5」のプラットフォームは、名車「ランサーエボリューション X」と共通。

 高速道路でも抜群の直進安定性を見せながら、ワインディングロードだってビシッと曲がってくれます。ミニバンで最も硬派の走りといって良かろう。オフロードタイヤ履いたって楽しめます。

 それでいて乗り心地が良い。筆者(国沢光宏)は、乗り心地フェチのため、少しでもゴツゴツしたら足回りを交換します。三菱「アウトランダーPHEV」も即座にダンパー変更。新型「デリカD:5」ならどうかといえば、ガマンの限度内に収まっている。筆者(国沢光宏)の容認限界は非常に高いため、普通の人なら不満を感じないと思う。日本車じゃ『松クラス』といって良いです。
 
 もし、「デリカD:5」の購入を考えていて、しかも価格に納得出来るなら強く背中を押しておきます。普通のミニバンが都会用のスニーカーだとすれば、「デリカD:5」ってタフなトレッキングシューズとなり、休日が楽しみになることだろう。ただ、テントやタープ、ルーフキャリアなど、欲張るとけっこうな出費になるので御注意を。
 
【了】

どこへでも行けそうな新型「デリカD:5」の画像を見る(15枚)

画像ギャラリー

Writer: 国沢光宏

Yahooで検索すると最初に出てくる自動車評論家。新車レポートから上手な維持管理の方法まで、自動車関連を全てカバー。ベストカー、カートップ、エンジンなど自動車雑誌への寄稿や、ネットメディアを中心に活動をしている。2010年タイ国ラリー選手権シリーズチャンピオン。

1 2

最新記事