国民車が華麗に変身!? 有名ブランドとコラボしたクルマ5選

日本車でもおしゃれブランドとコラボした例

●日産「キューブ」×「コンラン&パートナーズ」

コンセプトカーから発売に至った「キューブ」の特別仕様車

 日産「キューブ」は「マーチ」をベースにした背の高いコンパクトカーとして、1998年に初代がデビューしました。

 2002年に「キューブ」の名の通り、より『四角』を強調したデザインの2代目にバトンタッチしました。このデザインは多くの人々に受け入れられ、2代目「キューブ」はヒット作に。

 そして、2004年に「コンラン&パートナーズ」とコラボした「キューブ プラスコンラン」を、期間限定車として発売しました。

 コンラン&パートナーズはロンドンに本店を構え、ハイセンスな家具やインテリア小物を販売する「ザ・コンランショップ」をはじめ、インテリアの分野でデザインプロジェクトを多数手掛けるなど、世界的に注目されているイギリスのデザイングループです。

 外装は専用のカラーリングを施し、内装もコンランがチョイスしたカラーの本革シートとされるなど、カラーコーディネートされています。

 なお「キューブ プラスコンラン」と同時に「マーチ」「ラフェスタ」にもコンラン仕様が用意されました。

●スバル「インプレッサ」×「ビームス」

無骨なイメージだった「インプレッサ」もカジュアルなイメージに

 かつてラリーで活躍し、硬派なイメージがあったスバル「インプレッサ」ですが、2007年、ファッションアイテムのセレクトショップを展開する「ビームス」とコラボした「インプレッサ BEAMS EDITION」が発売されました。

「BEAMS EDITION」は、「インプレッサ 15S」と「20S」をベースに、ビームスによる監修のもと、質感とディテールにこだわった内外装の仕様としたモデルです。

 ビームスのブランドカラーであるオレンジをアレンジした外装のカラーリングや、それとコーディネートされたカラーの本革シートを標準装備。

 また、メーターやキーレスリモコンなどにビームスのロゴがあしらわれています。

 販売当時の価格は「15S」が173万2500円、「20S」が219万4500円でした。

※ ※ ※

 今回紹介した車種以外でも、ファッションブランドとのコラボしたクルマはいくつもあります。

 さらに、日本では意外と他ブランドとコラボの歴史は古く、一例を挙げると1980年代には日産「ローレル」の「ジバンシィバージョン」が販売されたり、近年ではスズキがアウトドア系ファッションブランドの「ヘリーハンセン」とコラボしていました。

【了】

おしゃれなファッションブランドとコラボしたクルマを画像でチェック(20枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事