大人も子供も楽しめる!「鈴鹿サーキット」に4つの新バイクアトラクションが登場!

国内屈指のモビリティリゾートである鈴鹿サーキットに、バイクを題材にした新アトラクションが誕生しました。3歳から楽しめる3輪バイクや、カーボン素材でできた本格レースマシンも登場。親子で楽しめる4つのバイクアトラクションはどのようなものなのでしょうか?

3歳からチャレンジできる新アトラクションは、2019年3月21日にグランドオープン

 三重県鈴鹿市にある鈴鹿サーキット。クルマ好きやモータースポーツファンであれば、一度は聞いたことがある名前ではないでしょうか。

 鈴鹿サーキットと言えば、F1グランプリや鈴鹿8耐等の国際的なレースが開催される国際レーシングコースが有名ですが、数々のアトラクションがある遊園地やホテル施設、温泉施設等で構成された、自動車を題材にしたリゾート施設「モビリティリゾート」でもあるのです。

日本初のオフロードバイクアトラクション「アクロバイク」

 今回は、そんな鈴鹿サーキットにできた新アトラクションをご紹介致します。2019年3月21日にグランドオープンする4つの新アトラクションは、幅広い年齢層のお子様に「上手に乗ることができた」達成感と、バイクへの興味を与えるアトラクションになっています。

 グランドオープン前の3月16日に開催されたプレオープン日には多くの子供達が集まり、鈴鹿サーキットの新しいバイクアトラクションを溢れるような笑顔で楽しむ姿が印象的でした。

親子で最速ラップタイムを叩き出せ! 本格レーシングバイクアトラクション「モトファイター」

本格マシンで最速タイムを目指せ「モトファイター」

 モトファイターは、今回新しく登場した4つのバイクアトラクションのうち最も本格的なアトラクションです。全長210メートルのレーシングコースには、国際レーシングコースの”S字”や”シケイン”の特徴を取り入れた多数のコーナーが存在しています。

 オリジナルのマシンは、カウルやホイールにカーボン素材が使われた電動レーシングバイクで、最高時速は約15キロを誇ります。本物のバイクと同じく、右手のアクセル操作で出力をコントロールし、ブレーキ操作は左手のレバーで行います。

 小学校3年生以上、6歳以上でキッズバイクAライセンスを持っているお子様であればどなたでもチャレンジでき、お子様はもちろん大人でもチャレンジ可能なのもモトファイターの特徴です。マシンはコースオフすると出力が下がるように設計されていますし、コースに入る前はインストラクターの説明のもと乗車レクチャーが行われます。

 もちろん、ヘルメットやプロテクターも無料で貸し出してくれるので、安心してモトレーサー気分を味わうことができます。

立体的なオフロードコースを走れば気分はモトクロスライダー!日本初のオフロードバイクアトラクション「アクロバイク」

日本初のオフロードバイクアトラクション「アクロバイク」

 アクロバイクは、テーマパークに存在するオフロードバイクアトラクションとしては日本初となる本格モトクロスバイクアトラクションです。

 全長190メートルの立体オフロードコースは、高低差が30センチある大きな凹凸や、コーナーの途中にある無数の波状路や、最小幅15センチの一本道など12箇所の悪路が用意されていて、普段なかなか体験することができないバイクでのオフロード走行を手軽に体験することができます。

 クリアする為にテクニックがいるコースですが、地面は柔らかい素材で作られていますし、大型のスポンジバリアがあるのでもし転んでもケガをしない作りなので安心です。
使うマシンはオリジナルのオフロードバイクで、最高時速は約10キロ出る電動モトクロスバイクです。ヘルメットもモトクロスライダーを彷彿とするデザインで、プロテクターやビブスもアクロバイクの専用品。

 こちらのアトラクションも大人が走行することができますので、お子様と一緒にオフロード走行にチャレンジすることも可能。 3分間の悪路走行で難関セクションをクリアすれば、気分は親子でモトクロスライダーです。

 お子様だけでの走行はもちろん、お友達同士や親子でも走れるアクロバイクにチャレンジすれば、鈴鹿サーキットで過ごす1日が素敵なものになります。

鈴鹿サーキットにオープンした新バイクアトラクションの画像を見る(39枚)

【最大88%OFF】早いほどお得に!秋・冬旅の航空券を売り出し開始!

画像ギャラリー

1 2

最新記事