• くるまのニュース
  • ライフ
  • なぜ着用? 後席3点式ベルトが存在しない時代背景の「ちびまる子」 アニメでも必ずシートベルト着用の理由とは

なぜ着用? 後席3点式ベルトが存在しない時代背景の「ちびまる子」 アニメでも必ずシートベルト着用の理由とは

後席の3点式シートベルト設置が義務化されたのは2012年7月からと最近のことですが、義務化されていなかった1970年代を舞台にしたアニメ「ちびまる子ちゃん」でも後席でシートベルトを着用しているのはなぜでしょう?

1970年代を舞台にした「ちびまる子ちゃん」で後席シートベルト着用

 最近、バラエティ番組やCM、ドラマやアニメの中でも、後席に座る際にシートベルトを着用しているシーンが目立って来ました。1970年代半ばを舞台としたアニメ「ちびまる子ちゃん」の中でも、車が出るシーンではまる子が後部座席でベルトをしています。

 3点式後席ベルトが存在しない時代に、なぜまる子はベルトをしているのでしょうか?

後席3点式シートベルトの設置が義務化されたのは2012年7月と、意外と最近のこと

 毎週日曜日の夕方6時からフジテレビ系列で放映されている「ちびまる子ちゃん」は、作者である故・さくらももこさんの子ども時代(小学校3年生)の日常を物語にしたもので、時代設定は1974~75年(昭和49~50年)とされています。

 この時代の車には、運転席、助手席、後部座席ともに1975年4月までに設置が義務付けられていますが、いずれも2点式のベルトが主流。後部座席に3点式ベルトの設置が義務付けられたのはつい最近、2012年7月からのことです。

 ちなみに、道路交通法で着用が義務化されたのは運転席・助手席が1984年、後部座席では2008年(チャイルドシートの法制化は2000年4月から)のことでした。

 このような状況の中、1974~75年の時代設定で、まる子が後席で3点式シートベルトを装着しているのは、かなり奇異な状況であることは確かです。

まる子が後席で3点式ベルトを装着している理由とは?

 この理由について、フジテレビ企業広報室に聞いてみました。

「アニメ『ちびまる子ちゃん』での後部座席シートベルトを着用するシーンは、確かに時代設定にそぐわないかもしれません。しかし子供の視聴者が多い番組であることなども踏まえ、総合的に判断した結果です。

 また、ちびまる子ちゃん以外にもドラマやバラエティ番組を撮影する際に、法令を遵守するのは当然のことであり、公道を走行する自動車内での撮影では必ずシートベルトを着用しております」(フジテレビ企業広報室)

 確かに、バラエティ番組やドラマなど、車に乗るシーンではタレントさん、芸人さん、全員がロケバスの最後列などでも全員がベルトをしていますね。

 明らかに後席3点式ベルトがない時代の車であっても、子どもが多く見る番組でキャラクターがベルトをしていないと、「まる子がベルトをしていないんだから自分もしなくて良い」と考えてしまう危険はあります。

クルマに乗ったらシートベルト! 3点式とは?画像でチェック

画像ギャラリー

1 2

最新記事