軽こそ安全なクルマを! 国が推奨する安全運転サポート車の軽自動車5選

自動車メーカーのCMや広告で耳にする「サポカー」は、いわゆる自動ブレーキなどの先進安全装備の搭載に応じて国が推奨する安全運転サポート車です。なかでも「サポカーS ワイド」は最も装備が充実しています。そこで「サポカーS ワイド」に適合している軽自動車5車種を紹介します。

よく耳にする「サポカー」ってなに?

 クルマのカタログやWebサイトを見ると「サポカー」や「サポカーS」という表記、マークが標示されているのを見かけます。

軽自動車もますます先進安全装備が充実してきた

 この「サポカー」「サポカーS」は安全運転サポート車の機能を比較しやすいように経済産業省が定めた基準です。

「セーフティ・サポートカー(サポカー)」は自動ブレーキを搭載した、すべての運転者に推奨する自動車で、「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」は自動ブレーキに加え、ペダル踏み間違い時加速抑制装置等を搭載した、特に高齢運転者に推奨する自動車とされています。

「サポカーS」はさらに「ベーシック/ベーシック+/ワイド」の3種類に分類されます。

「ベーシック」は作動速度域が時速30km以下の低速自動ブレーキ(対車両)と、ペダル踏み間違い時加速抑制装置が搭載されているクルマ。

「ベーシック+」は作動速度域が時速30km以下ではない自動ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置が搭載されているクルマ。

「ワイド」では自動ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い時加速抑制装置(マニュアル車は除く)、車線逸脱警報(車線維持支援装置でも可)、先進ライト(自動切り替え型前照灯、自動防眩型前照灯または配光可変型前照灯)を装備していると認定されたクルマです。

 先進安全装備は急激に普及しており、軽自動車にも「サポカーS ワイド」に適合しているモデルが増えてきました。そこで先進安全装備が充実している軽自動車5台をピックアップして紹介します。

 なお、「サポカー」認定は先進安全装備搭載の有無で分けられていますので、その性能を評価するわけではありません。

●ダイハツ「ミラ トコット」

エアバッグなどのパッシブセーフティも充実している「ミラ トコット」

 ダイハツ「ミラ トコット」の安全運転支援システム「スマートアシストIII」搭載車は「サポカーS ワイド」に適合しています。

 安全装備はほかにも、デュアルSRSエアバッグのほか、車両側方からの衝撃を緩和するSRSサイドエアバッグ(運転席/助手席)と、乗員頭部側面への衝撃を緩和するSRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)の6つのエアバッグを標準装備。

 突然の横滑り時もブレーキとエンジン出力を自動的にコントロールして安定させる「VSC」や、発進、加速時にタイヤの空転を抑える「TRC」も備えるなど、乗って安心な装備が充実した軽自動車となっています。

 価格は、スマートアシストIII搭載グレード「G“SA III”」2WD車が129万6000円(消費税込、以下同様)、「X“SA III”」2WD車が122万400円、「L“SA III”」2WD車が113万9400円です。

●三菱「ekカスタム」

2018年に先進安全装備の刷新が行なわれた「ekカスタム」

 三菱「ekカスタム」は予防安全技術「三菱e-Assist」によって「サポカーS ワイド」に適合しています。

「衝突被害軽減ブレーキシステム」、エンジン出力制御のみでなく自動ブレーキも搭載した「踏み間違い衝突防止アシスト」「車線逸脱警報システム」そして「オートマチックハイビーム」が採用されています。

 横滑りを抑えて車両を安定走行させる「スタビリティコントロール」や、滑りやすい路面で空転を防止する「トラクションコントロール」も装備していますので、路面状況が急変した際なども安心です。

「ekカスタム」の価格は「T Safety Package」2WD車が159万4080円、「G Safety Package」2WD車が151万2000円となっています。

安全装備が充実した最新軽自動車を画像でチェック(15枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

1 2

最新記事