自分の好みで選べるホンダ「ヴェゼル」 ターボ仕様追加で広がる選択肢

ホンダの人気コンパクトSUV「ヴェゼル」に新たな『ツーリング(ターボ仕様)』が加わりました。今までのモデルとはどのように違うのでしょうか。

ホンダ「ヴェゼル」に新たな『ツーリング(ターボ仕様)』が追加

 ホンダは、ステップワゴンやジェイド、シビック、そしてCR-V。たくさんのターボエンジン搭載車をラインナップしていますが、そこへ新たに加わったのが「ヴェゼル」のターボモデルとなります。

新たに追加された「ヴェゼル・ツーリング」

「ヴェゼル・ツーリング」と呼ばれるこのモデルは、1.5リッターのターボエンジンを組み合わせるものの単純に動力性能を高めただけでなく、剛性を高めた専用ボディや専用のスペンションを採用。つまり、さらに走りの性能を上げた乗り味に仕立てているというわけです。

PRホンダ ヴェゼルの中古車情報はコチラ!

 興味深いのは、他のターボエンジン搭載車との違い、冒頭に挙げた車種はすべて2リッターや2.4リッターなど排気量の大きな自然吸気エンジンに代わるユニットとして排気量を抑えた1.5リッターのターボエンジンを積んでいます。

 しかしヴェゼルは、標準タイプとして1.5リッターの自然吸気エンジンを用意しているうえで、さらに高出力のターボエンジンをラインナップに追加したのが特徴。立ち位置が少し違うのです。

 ヴェゼル以外の1.5リッターターボエンジン搭載車は、車体サイズが大きくていわゆる『ダウンサイジングターボ』に相当するのに対し、コンパクトボディのヴェゼルにとってターボは標準車よりもパフォーマンスを高める仕様と位置付けられています。

 そのため、ヴェゼルのターボ仕様は単に高出力のエンジンを積むのにとどまらず、部品追加や板厚アップなどで剛性を高めたボディや、パフォーマンスタンパーの追加などで見直したサスペンション、などさまざま部分に手を加えています。

 そして、アジャイルハンドリングアシストと呼ぶコーナリング時に内輪へわずかなブレーキをかけて旋回性を高めるシステムなどもヴェゼルとして唯一搭載。走りのレベルを上げました。

 実はそれらは、これまで先行して欧州仕様に採用されていたもの。ミシュラン製の「プライマシー」というタイヤも含め、「ヴェゼル・ツーリング」には従来の日本仕様と異なる欧州仕様と同じ味つけが施されているというわけです。

走りの質感を向上させたホンダ「ヴェゼル・ツーリング」の画像を見る(24枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事