スバル新型「フォレスター」の雪道での実力は? 走って分かった安定の四駆性能

4つのタイヤを適切に制御することで安定した走行を実現

 上信越道の佐久ICを降りてすぐの路面はドライのままでしたが、峠道に差し掛かるとしだいにシャーベット状の雪道が現れるようになりました。

スバル新型「フォレスター X-BREAK」

 純正でオールシーズンタイヤを装着する「X BREAK」ですが、試乗車には、綾瀬はるかさんのCM でもおなじみのスタッドレスタイヤ、ブリヂストン「ブリザック VRX2」を装着。

 水平対向エンジンと「シンメトリカルAWD」により、重心が低く、前後左右の重量バランスに優れた構造を実現。新型「フォレスター」は、路面や走行状況に応じて前後の車輪に最適なトルク分配を行う「アクティブトルクスプリットAWD」を採用することで、安定した走行を可能としています。

 また、新たに採用されたプラットフォームにより、正確なハンドル操作や乗り心地が向上したといいます。峠道の上り坂でアクセルを踏み込んだ時にエンジン音が大きく響くのが気になったのですが、確かにSUVらしからぬコーナリング性能は秀逸です。思った通りのラインを描いて気持ちよくコーナーを曲がることができるで、運転がうまくなったような気がしました。

 また、シャーベット状の雪道では、4つのタイヤがしっかり雪を捉えている感覚があり、クルマが路面の状況を見極めて制御しているのを実感することができます。

新型「フォレスター」はアウトドアに最適なSUV

 雪がシッカリ積もった路面では、悪路走破性をさらに高める「X-MODE(エックスモード)」が有効です。先代フォレスターから搭載された「X-MODE」ですが、新型では「SNOW・DIRT」モードと「DEEP SMOW・MUD」の2モードタイプに変更され、悪路の状況に応じて選択できるようになりました。

スバル新型「フォレスター X-BREAK」X-MODE

 スキー場駐車場の、雪が積もった斜面で「X-MODE」を作動させたところ、難なく抜け出すことができました。今回はそれほど雪が深い場所に遭遇できなかったのですが、最近の異常気象による大雪でも、抜群の機動力を発揮してくれそうです。

 今回はドライ、シャーベット、雪上とさまざまな路面状況を試すことができましたが、新型「フォレスター」はどんな場面でも安心感のある頼もしい走りを見せてくれました。

 また、「X-BREAK」の内装は、新型「フォレスター」で唯一の撥水加工のシートやラゲッジボードが装備されていて、アウトドアレジャーで濡れたり汚れたりしても簡単に手入れできるようになっているのもポイントです。

 冬はスキーやスノーボードのウィンタースポーツ、夏はキャンプや釣りなどの趣味やレジャーの相棒として、新型「フォレスター」は最適なSUVといえるのではないでしょうか。

【了】

ギャラリー文言:スバル新型「フォレスター X-BREAK」の画像を見る(30枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事