スバル新型「フォレスター」の雪道での実力は? 走って分かった安定の四駆性能

2018年6月にフルモデルチェンジしたスバル新型「フォレスター」。雪道での四駆性能を確かめるべく、長野県のスキー場まで行ってみました。果たしてその実力はいかに?

新型「フォレスター」の雪道での性能を検証

 2018年6月にフルモデルチェンジした新型「フォレスター」は、デザインに関しては先代モデルとあまり変わっていないように見えますが、最新のプラットフォームの採用や新型エンジン搭載など、その中身は大きく進化しています。

スバル新型「フォレスター X-BREAK」

 今回、アウトドアレジャーにもってこいの新型フォレスターを、雪上で試すことができました。

PRスバル フォレスターの中古車一覧はコチラ!

 試乗車は、アウトドアを意識した「X-BREAK(エックスブレイク)」で、内外装の各所にオレンジのアクセントが施されてアクティブな印象です。

 今回はこの「X-BREAK」を相棒に、長野県のスキー場へ向かいます。

パワフルな走りで高速走行もスムーズ

 まずは高速道路を、関越道から上信越道へと進みます。

 新型「フォレスター」のエンジンは、2.5リッター水平対向4気筒直噴ガソリンと2リッターガソリンにe-BOXERを組み合わせたマイルドハイブリッドの2機種が用意されました。

スバル新型「フォレスター X-BREAK」内装

 直噴化した2.5リッターガソリンエンジンを搭載する「X-BREAK」は、パワフルな走行性能が楽しめます。アクセルを踏むとスムーズに加速するので、高速の追い越しもラクに行うことができます。

 高速道路では運転支援システム「アイサイト」を実践。新型「フォレスター」に全車標準で搭載される「アイサイト」には、「ツーリングアシスト」という最新の機能も追加されました。

 前走車との車間距離を自動調整してくれる全車速追従機能付クルーズコントロールは時速0キロから120キロまで対応し、ステレオカメラが車線を読み取って車線の中央を走行する機能も搭載。

 アクセル・ブレーキ・ハンドルの制御は全てクルマが行ってくれるので、渋滞時のノロノロ運転やロングドライブでも疲れにくいのもうれしいところです。

ギャラリー文言:スバル新型「フォレスター X-BREAK」の画像を見る(30枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事