マツダ「ロードスター」30周年記念車は鮮やかなオレンジ 日本も含め世界3000台限定販売

マツダ「ロードスター」の30周年記念モデルが、シカゴオートショーで世界初公開されました。

生誕30周年を記念した「ロードスター」の特別モデル世界初公開

 マツダ「ロードスター(海外名:MX-5)」の誕生30周年を記念した特別モデル「ロードスター 30th アニバーサリー エディション」が、シカゴオートショー(2019年2月7日から2月18日開催)で世界初公開されました。

マツダ「ロードスター 30th アニバーサリーエディション」

 30年の歴史の中で、100万台以上の「ロードスター」が世界中で愛用されてきたといいます。マツダは「このクルマはもはやマツダのものではなく、お客さまのものである」という感謝の気持ちと、これからの「ロードスター」への期待を込めて、一日の始まりを予感させる朝焼けのような特別色「レーシングオレンジ」を新開発しました。

PRマツダ ロードスターの中古車情報はコチラ!

 「ロードスター 30th アニバーサリーエディション」では、ボディカラーだけでなくシートやドアトリム、ブレーキキャリパーなどの内外装にもオレンジのアクセントを取り入れています。

 また、レイズ社と共同開発した鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)やシリアルナンバー付オーナメント、レカロシートに加え、MT車ではビルシュタインのダンパーを採用するなど、30周年にふさわしいモデルに仕上げました。

「ロードスター 30th アニバーサリーエディション」は、ソフトトップとリトラクタブルハードトップの「ロードスターRF」も含め、全世界で3000台が限定販売される予定で、国内仕様の車両情報や販売方法は今後公表されるとのことです。

【了】

レーシングオレンジが映える「ロードスター」30周年記念車の画像を見る(14枚)

画像ギャラリー

最新記事