フィアット「500・500C」にボルドーとブロンズが上品な限定車が登場

フィアットのコンパクトカー「500」と「500C」に200台の限定モデル「コレッツィオーネ」が設定されました。

ハッチバックとオープンモデルそれぞれに限定モデル設定

 フィアット「500(チンクエチェント)」と「500C」に、限定車「Collezione(コレッツィオーネ)」が設定され、2019年2月16日より限定発売されます。価格(消費税込)は、ハッチバックの「500 コレッツィオーネ」が244万円(160台)、オープンモデルの「500C コレッツィオーネ」が272万円(40台)です。

フィアット「500 コレッツィオーネ」

 「Collezione(コレッツィオーネ)」とは、“Collection(コレクション)”を意味するイタリア語で、ファッション業界では季節ごとに発表される新作の総称として使われています。

 限定車「コレッツィオーネ」は車名の通り、チンクエチェントの個性に新たなイメージを与えるモデルです。

 通常では設定されていない「オペラボルドー」のボディカラーに、ブロンズカラーのビューティーラインが組み合わされるとともに、ブロンズカラーの専用16インチアルミホイールが採用されたことで、上質さがより一層高められています。

 なお、オープンモデルの「500C コレッツィオーネ」では、ボディカラーと相性の良いグレーのソフトトップが装着されています。

 内装はブラックを基調とし、外装と同じオペラボルドーのインストルメントパネルにブロンズカラーのアクセントラインがあしらわれており、エレガントな空間を演出しました。また、専用デザインのシートやCollezioneのロゴがあしらわれた専用フロアマット(前席)で、室内全体をコーディネートしています。

 さらに、バイキセノンヘッドライトやガラスルーフ(ハッチバックのみ)、フルオートエアコン、リアパーキングセンサーなど、快適装備も充実させました。

【了】

限定車「500/500C コレッツィオーネ」の画像を見る(8枚)

【最安値航空券】行楽シーズンも国内最安はスカイチケット

画像ギャラリー

最新記事