「勘違いはしないで!」 静岡県警高速隊に聞いた「新東名 最高速度120km/h区間」道路の走り方

新東名高速道路の「新静岡~森掛川」間の約50kmが、日本の道路としては史上最高速度120km/hに引き上げられることになりました。2017年11月1日から110km/hの試行に入っており、速度に由来する事故が多発するなどの大きな問題もなかったことから、いよいよ本来の設計速度である最高速度120km/hに引き上げられることになったのです。

最高速度が120km/hになっても、「120km/hで走りなさい」ではない

 新東名高速道路の「新静岡~森掛川」間の約50kmが、日本の道路としては史上最高速度120km/hに引き上げられることになりました。すでにこの区間は2017年11月1日から110km/hの試行に入っており、速度に由来する事故が多発するなどの大きな問題もなかったことから、いよいよ道路本来の設計速度である最高速度120km/hに引き上げられることになったのです。これまで日本の道路では誰も経験していない未知の世界、速度120km/hの道路はどのように走れば良いでしょうか。

2019年3月1日から新東名高速道路「新静岡~森掛川」間の約50kmが最高速度120km/hに引き上げられる

 3月1日から最高速度が120km/hに引き上げられる新東名「新静岡~森掛川」間は、そもそもなぜ、この区間だけが最高速度引き上げの対象となったのでしょうか。理由は、新東名自体が設計速度120km/hの高規格高速道路で全般的に渋滞の発生が少なく、死傷事故率が低いという背景があります。

 そしてとくに「新静岡~森掛川」間は、「3車線の割合が高い」「1km当たりの交通事故率が低い」「霧や大雨など視認不良時による最高速度の規制実施が少ない」などの理由で、試行区間にふさわしい条件を備えていると認められたことで、2017年11月1日より、最高速度110km/hに引き上げる試行が実施されていました。そして同じ区間で3月1日よりいよいよ、本来の設計速度である速度120km/hに引き上げられるわけです。

 管轄の静岡県警高速隊に、この区間を走る上での注意点、ドライバーが気をつけるべきことを教えて頂きました。

――いよいよ最高速度が120km/hに引き上げられますが、どんなことに注意すればよいですか?

 勘違いしないでいただきたいのは、この区間においては法律上、最高速度120km/hを許容するという意味なので、『この区間は120km/hで走りなさい』ということではありません。周囲の交通に注意をしながら、安全な速度で走行してください。最高速度の規制は緩和されますが、速度違反、車両通行帯違反、煽り運転などへの取り締まりは強化していきます。ドライバーは厳格な交通法規の順守と、正しい交通マナーのお願いします。

――追越車線を遅いクルマが塞ぐなどして走りにくい場合はどうしたらいいですか。あまり近づくと、「あおり運転」になりますよね?

 はい。その状況では『あおり運転』として取り締まりの対象になる場合があります。ですが、道路交通法(車両通行帯)第二十条に『車両は車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない』とあるように、追越車線を走り続けることは『車両通行帯違反』です。追越し車線は追越しのためだけに使える車線ですから、使い方については厳格に守っていただきたいですね。

最高速度の規制が緩和される新東名を写真で見る

画像ギャラリー

1 2

最新記事