「家族それぞれの“Hondaのある生活”」とはどんなもの? TAS2019でホンダアクセスが提案!

ホンダアクセスは、東京オートサロン2019に『楽しみ上手な家族の家。』をテーマとしたブースを出展。“Hondaのある生活”を豊かに楽しむアイデアを盛り込んだ、5台のコンセプトモデルを展示しました。

表現したのは、さまざまな年齢・性別で構成される家族全員のクルマの楽しみ方

 千葉県にある幕張メッセで1月11~13日の3日間、開催された「東京オートサロン2019」。3日間の来場者数は、過去最大の33万0666人に達したという同イベントに、今年もホンダアクセスが『家』をテーマにブースを展開。

 そこには、家族それぞれの立場に立った5台のコンセプトモデルが展示されていました。

『Modulo Neo Classic Racer』

 コンセプトモデルのベースとなったのは、『S660 Neo Classic』『N-VAN』『CIVIC』『FIT』『STEP WGN』の5モデル。

 このベースモデルそれぞれに家族の中から使用する人物設定を決め、ホンダのある生活を提案しています。
そんな、1台1台のコンセプトモデルについて、こだわったポイントはどこなのでしょうか。

 まず、ブース正面の一番目立つ位置に展示されていたのが、『Modulo Neo Classic Racer』。東京オートサロン東京国際カスタムカーコンテスト2016で最優秀賞を獲得し、昨年9月にキットとして発売された『S660 Neo Classic』をベースとしたモデルです。

 デザインを担当した山田氏は、以下のように話します。

 「ホンダアクセスは、Moduloというブランドを持っているので、レーサーにするにあたりModuloの理念を入れようという事で、装備しているエアロパーツは全て空力の上で機能するものになっています。

 そのため、ベースのネオクラシックよりも空力性能をアップさせながらカスタマイズを施し、全体をカッコよくまとめるというのが大きなコンセプトでした。

 クルマいじりが大好きな58歳のお父さんが、こだわり抜いて作り上げた1台となっています。60年代や70年代のヨーロッパ車レーサーをリスペクトし、全てのパーツが機能している事を前提に車体としての一体感を求めたデザインが一番こだわっているポイントです」

道具感満載の『TRIP VAN』

 続いて、『TRIP VAN』は、趣味のサーフィンをしながら日本中を旅してまわる。大学生の次男をイメージしたN-VANベースのコンセプトモデルです。デザインを担当した渡邊氏はこう語ります。

「表現したかったのは、使い込まれていく事によってカッコ良くなっていく道具感。長く使い続けることを念頭に置いてデザインしています。

 クルマというのは通常、新品の状態が一番カッコ良くて、徐々にボロボロになっていくと思いますが、これは逆で今から徐々に使い込まれてカッコ良くなっていくという経年の変化を楽しむ事を目指しました。

 シートに関しても車中泊を想定しているので、運転席を畳むと、ちょっとしたテーブルになるような機能をもたせたり、このクルマで日本中を旅する事を楽しんでもらえるように考えました」

※ ※ ※

 カッコよさやアクティブさだけでなく、働く女性をイメージしたモデルもあります。『FIT Elegant Color Collection』。27歳の会社員をイメージしたこのフィットについて、デザインした武井氏は次のように説明します。

アンテナが口紅となっている『FIT Elegant Color Collection』

「このクルマのコンセプトは、“女性にとってクルマは第2の自分の部屋”。ターゲットユーザーを、20代後半の働く女性としています。働く女性はキチンとしているように見せたいという想いがあるので、黒ではなくネイビーを基調にしました。

 また、働く女性のマストアイテムといえばメイク。メイクをする事によって、キチンとしている感じを出しているのでコスメをモチーフに。とくにこだわったのは、ネイルのカラーからヒントを得たパネルのボルドーピンクです」

『楽しみ上手な家族の家。』をテーマとしたブースの様子を見る

【格安航空券】早いほどお得に!秋・冬旅の売り出し開始

画像ギャラリー

1 2

最新記事