• くるまのニュース
  • ニュース
  • 日産が異彩を放つSUV披露の理由 「コレ売るの!?」走行テストも実施済 「ジューク」の本性を見てほしい

日産が異彩を放つSUV披露の理由 「コレ売るの!?」走行テストも実施済 「ジューク」の本性を見てほしい

東京オートサロン2019の日産ブースの中でもひと際異彩を放っていたのが、巨大なクローラーとそれをカバーする大型オーバーフェンダーを装着した「ジューク パーソナライゼーション アドベンチャーコンセプト」。日本でこのようなクローラーモデルを出展する日産の狙いとは。

魅せるだけじゃないSUV、実際に公道登録も可能!?

 東京オートサロン2019の日産ブースの中でもひと際異彩を放っていたのが、巨大なクローラーとそれをカバーする大型オーバーフェンダーを装着した「ジューク パーソナライゼーション アドベンチャーコンセプト」です。

 どんな悪路でも走破できそうな大迫力のルックスを持っている同車両ですが、日本でこのようなクローラーモデルを出展した狙いとは何があるのでしょうか。

日産「ジューク パーソナライゼーション アドベンチャーコンセプト」(撮影:東京オートサロン2019)

 もともと雪上でのレスキュー用に制作されたモデルなのだとか。日産のスタッフに話を聞いてみると、「ヨーロッパで雪上テストをした際に、時速100キロでも走れました。ドバイの砂漠でも走行テストしてます」と、実際に各国でのテスト走行も実施済みだといいます。

PR日産 ジュークの中古車情報はコチラ!

 また、ルーフに設置したキャリアは普通は荷物を載せ運んだりするものですが、遊び心として、ルーフキャリア上にドローンの発着スペースを設置し、悪路を進む前にドローンで雪原を偵察をできるようにもなっています。

 キャタピラやボディに蛍光の緑をアクセントで取り入れてるのは、雪上で目立つようにしたとのこと。ただこのジュークはかなりリフトアップしているので、普通のタイヤに付け替えることはできないそうです。

 しかし、このようなクローラー仕様が日本で活躍できる場所といえば、スキー場や海水浴場の砂浜などしかありません。なぜ日産は今回、日本のカスタムショーで披露したのでしょうか。

 実はどんな悪路でも走れる仕様を見せることで、ジュークの4WDシステムであるインテリジェント 4×4(トルクベクトル付)の高い性能をアピールしたかったといいます。

 ジューク16GT FOURに搭載されるインテリジェント 4×4(トルクベクトル付)は、前後のトルク配分だけでなく、左右に電子制御カップリングを搭載したリアファイナルドライブユニットにより旋回時に後輪外輪側に大きな駆動力を配分し、アンダーステアを軽減しレスポンスよく俊敏に向きを変えることができるシステムとなっています。

巨大なクローラーとそれをカバーする大型オーバーフェンダーを装着した「ジューク パーソナライゼーション アドベンチャーコンセプト」(撮影:東京オートサロン2019)

 一見するとライトなクロスオーバーSUVに見えるジュークですが、奥に秘めた4WD性能を再認識させてくれるモデルなのです。

 なお、このクローラーは海外で市販されているもので、ボディサイズとクローラー装着による構造変更手続きさえ行えば、同様の仕様を作って公道を走行することも不可能ではないそうです。

【了】

まるで「ガンタンク」! 異彩を放つジュークコンセプトを画像でチェック

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

Writer: 小鮒 康一 (通称 フナタン)

1979年5月22日生まれ、群馬県出身。某大手自動車関連企業を退社後になりゆきでフリーランスライターに転向という異色の経歴の持ち主。中古車販売店に勤務していた経験も活かし、国産旧車を中心にマニアックな視点での記事を得意とする。現行車へのチェックも欠かさず活動中。

最新記事