話題の「0円タクシー」 実際の試乗感やキャンペーンの反響は?

2018年12月5日に配車アプリ「MOV」の運営元DeNAがキャンペーンを開始した「0円タクシー」。ネット上でも話題に上がっているその取り組みの裏側やプロモーション効果などを聞いてみました。

どん兵衛ラッピングの「0円タクシー」とは

 最近、東京都内では『どん兵衛』のラッピングが施されたタクシーが話題となっています。これは、携帯ゲームやプロ野球球団運営を手掛けるディー・エヌ・エー(DeNA)が提供するタクシー配車アプリ「MOV」が始めた“無料でタクシーに乗れる(0円タクシー)”という企画の一環です。

「どん兵衛」仕様にラッピングされた「0円タクシー」

 この「0円タクシー」は、2018年12月5日から12月31日までの期間限定で、東京都内に50台が走っています。乗れるのは渋谷区、新宿区、港区、中央区、千代田区付近と都心限定ですが、降車場所は東京23区内ならどこでも無料。高速料金も無料なので、利用者は一切料金を払うことはありません。

 流しで捕まえることはできず、毎日7時から22時までにアプリ経由で配車依頼し、経由地指定や途中待機はできません。12月26日からは乗車した人に、「どん兵衛 天ぷらそば」をプレゼントするというキャンペーンも実施しています。

 現在、スポンサーとなっているのは日清食品で、車内外に「どん兵衛」のラッピングが施された専用仕様に変更。車内の動画広告はもちろん、シートカバーまで「どん兵衛」仕様になっている徹底ぶりです。

 今回の「0円タクシー」について、運営元のDeNA広報部は次のように説明しています。

──このキャンペーンはどのような経緯で生まれたのか教えてください。

 弊社の「MOV」は配車アプリとしては後発ですが、車内にタブレットを配置したり、リアルタイムでタクシーの位置が確認できたりといった付加価値を目指しています。

 そんななか、今まで配車アプリを使ったことがない人にもまずは一度体験いただけるよう、「0円タクシー」を企画し、同時にタイアップ先として、新しいマーケティングにも柔軟に取り組んでいる日清食品様に、弊社からお声がけをして実現しました。

※ ※ ※

 ネット上でも話題になり、当初は「タクシーに0円で乗れる時代が来た」と期待する声も多かったのですが、実際は配車アプリや「どん兵衛」の宣伝がメインとなった、期間限定のプロモーション的要素が強い取り組みになっています。日清食品とDeNAの双方が費用を負担しており、単に無料タクシーを普及させるのが目的ではないようです。

 DeNAに今回のキャンペーンの効果を聞くと、「『0円タクシー(どん兵衛タクシー)』はおかげさまで大変好評ですが、通常の有料配車についても利用者が増えている状況です。効果は想像以上です」と回答しています。

「0円タクシー」に乗ってみた画像をチェック(7枚)

画像ギャラリー

1 2

最新記事