スバルがSTIチューンの「フォレスター」やラリー仕様の「WRX」などを東京オートサロン2019に出展

スバルとSTIは、「フォレスター」「インプレッサ」のSITコンセプトモデルや「レヴォーグ」「WRX STI」のカスタムパーツ装着車などを東京オートサロン2019で展示します。

スバル新型「フォレスター」のSTIコンセプトなど出展

 スバルとスバルテクニカインターナショナル(STI)は、2019年1月11日~13日に幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「東京オートサロン2019」に出展概要を発表しました。

スバル「フォレスター(STIコンセプトモデル)」

 スバルブースでは、「フォレスター」と「インプレッサ」のSTIコンセプトモデルが出展されます。

PRスバル フォレスターの中古車情報はコチラ!

「フォレスター(STIコンセプトモデル)」は、新型「フォレスター」のハイブリッドモデルである「アドバンス」をベースに、STIとコラボしたモデル。専用色の「ファイターグレー」や19インチアルミホイール、ブレンボ製のキャリパーを採用することで、運動性能の高さを予感させる仕様としました。

 また、「インプレッサ(STIコンセプトモデル)」は、「2.0i-S EyeSight」をベースに専用パーツを装着したモデルで、内装には質感の高いボルドーを採用しています。
 
 カスタムパーツ装着モデルとして、「レヴォーグ」と「WRX STI」を展示。「レヴォーグ(カスタムパーツ装着モデル)」は、STIのパフォーマンスパーツを装着したカスタマイズモデルで、走行性能を高めるフレキシブルタワーバーやフレキシブルドロースティフナー、空力性能の向上を図るエアロパーツなどを装着することで、意のままに操れるハンドリングと走行安定性を更に高めるパーツを提案します。

 さらに、「WRX STI(カスタムパーツ装着モデル)」は、上級モデルの「タイプS」をベースとし、ゴールド塗装のBBS製19インチアルミホイールやレカロシートなどの専用装備を採用することで、歴代のラリー参戦車を連想させる仕様としています。

<スバル 東京オートサロン2019出展車> 
●フォレスター(STIコンセプトモデル)
●インプレッサ(STIコンセプトモデル)
●レヴォーグ(カスタムパーツ装着モデル)
●WRX STI(カスタムパーツ装着モデル)
●SUBARU BRZ GT300 2018
●WRX STI NBR CHALLENGE 2018
●WRX STI 全日本ラリー参戦車
●CG ROBOT Racing 2018(SUBARU BRZ)

【了】

STIがカスタマイズした「フォレスター」や「インプレッサ」の画像を見る(6枚)

画像ギャラリー

最新記事