ブレーキや鍵穴も凍結!? 寒冷地で駐車する際の注意点とは

フロントガラスだけでなく、鍵穴の凍結などにも解氷スプレーが便利

 寒冷地では、駐車中にフロントガラスが凍りついてしまう場合もありますが、その他の箇所に関しても同様に凍結が起こります。前出の整備工場にそうした事例について質問したところ、以下のように答えます。

「昨今ではキーレスエントリーやリモコンドアロックが普及していますが、金属製キーでドアロックを解錠する場合には、鍵穴の凍結にも注意が必要です。雨や雪が鍵穴に入ってしまい、それが夜間に凍結してしまった場合、気付かずに無理にドアロックを解除しようとして鍵穴を壊してしまうことがあります。

 力ずくで開けた場合、精密部品ですので、“なんとなくキーの回りが悪い”とか”ドアロックやエンジンをかけるときに、鍵の引っかかり感がある”などの症状を引き起こします。左右ドアとメインキー(イグニッション)まで交換すると10万円くらいの出費になるので、とにかく無理にこじ開けるのは控えてください」

鍵穴の凍結などにも解氷スプレーが便利

 対処法として有効なのが解氷スプレーで、車載しておけばガラス面以外にも、鍵穴やサイドウインドウ周りのゴムシール部品の解氷に使用することが可能です。

 その他の注意点について整備工場に確認したところ、「最近はウインドウ撥水剤を使う人が増えていますが、効果が落ちないようにウインドウウォッシャー液の代わりに真水を入れている人が多いです。しかし、凍結しづらい成分を含んでいるウインドーウォッシャー液と違って真水は0℃で凍りますので、そうなるとウインドーウォッシャーが出ないだけでなく、場合によってはウォッシャー・モーターを破損することもあります。
 
 また、温暖なエリアでは問題なく走っている車でも、寒冷地に入った瞬間にバッテリーが弱ってしまい、翌朝にエンジンを掛けられなくなることもありますので、寒い場所に行く前は充電量なども気にする必要があるでしょう」と担当者は話します。

 寒冷地での運転や駐車には、ここで紹介したようなポイントに注意をして、あらかじめ危険を回避しましょう。

【了】

寒冷地で駐車する際の注意点を見る(5枚)

【NEW】自動車カタログでスペック情報を見る!

画像ギャラリー

1 2

自動車業界の最新情報を見るなら【くるタイムズ】

最新記事